誰でもできる!簡単エアコンお掃除術

年末の大掃除など、特別なタイミングじゃないとなかなか手が出ないエアコン掃除ですが、面倒臭いからとそのまま放っておくとカビ臭くなったり、内部にホコリが溜まって部屋全体の空気が悪くなり、健康被害に繋がることがあります。面倒くさいけど家族の健康を守る為にもエアコンは常に綺麗にしておきたい、そんなふうに考える方の為に今回は、簡単手軽に誰でもできるエアコンのお掃除術をご紹介します。

エアコン掃除に必要なもの

基本的にエアコンを掃除するのに必要な道具は主に3つです。まずは市販のエアコンクリーナー、簡単にエアコンの手入れをしたいならこれが必須です。缶に洗浄液が入ったスプレータイプの物が主流となっており、これを使うと手の届かない熱交換器と呼ばれる内部のカビやホコリを楽に除去することができます。

次に必要なのが使い古しの歯ブラシです。これは、フィルターに付いたホコリを洗い流すときに使います。そして3つ目が掃除機です。この掃除機で、フィルターのホコリを吸ったりエアコン内部に溜まったホコリを吸い取ります。

この他にあると便利なのが、養生シートです。エアコンクリーナーを使う際に液が飛び散ることがあるので壁や床を汚したくない場合にはしっかりと準備しておきましょう。床のみであればレジャーシートでも代用可能です。

また、手荒れが気になる方は手袋を、スプレーの使用に不安がある方はゴーグルやマスクを、液垂れしてしまったときやエアコンの表面についた汚れをすぐに落とせるように雑巾を用意しておくと便利でしょう。

コンセントを抜いてフィルターを掃除

まず最初にエアコンのコンセントを抜きます。コンセントが刺さったままエアコンを掃除すると故障や感電の原因にもなります。コンセントが抜けていることをしっかりと確認ができたらエアコン前部のカバーを開きます。

通常、中にフィルターが2枚入っているので、それを取り出します。フィルターに付着したホコリがあまりに多い時には、家の外で払ったり、掃除機で予め吸っておくとこの後の工程が楽になります。あまり汚れていなければそのままフィルターを洗っていきましょう。

洗面台に中性洗剤を溶かしたぬるま湯をためておき、フィルターを一旦浸けます。汚れがある程度浮いてきたら使い古しの歯ブラシでも優しく擦り落としましょう。汚れが落ちたら水で洗い流し、乾いた雑巾などでよく水分を拭いたあと、日陰に干して乾かします。

エアコン内部のホコリを除去

フィルターを乾かしている間にエアコンの内部を掃除していきます。露出した熱交換器にそのままエアコンクリーナーをかけてしまうと溜まったホコリが中に入り込み、落としにくくなってしまうので、先に掃除機でホコリを除去していきます。掃除機のヘッドを外すか、隙間用ノズルを使ってホコリを吸っていきましょう。この際、熱交換器の溝に合わせ縦に掃除機をかけることで、効率的にホコリを取ることができます。

取り切れないホコリがある場合には、水に濡らし固く絞ったスポンジや雑巾を使って除去しましょう。ですが、構造上掃除することが難しい部分もあるので深追いはせずほどほどにしておきましょう。無理に掃除をしようとすると故障の原因になります。

専用のスプレーで内部を洗浄

掃除機で大体のホコリを取り終えたら、専用のエアコンクリーナーで熱交換器の内部を洗浄していきます。この際スプレーを使うため、窓を開け十分に換気をしておきましょう。基本的にはそれぞれのエアコンクリーナーに記載されている使い方を遵守します。

エアコンクリーナーの種類によっては洗浄液を塗布したあと、霧吹きなどを使って洗浄液を洗い流すタイプのものもあるため、事前によく確認しておきましょう。掃除をするときには熱交換器以外の部分にスプレー液がかからないように注意しましょう。

またこの他にも、専用のエアコンクリーナーを使わずに自宅にある高圧洗浄機やスチームクリーナーを使って掃除する方法もありますが、初心者には扱いが難しいのでできるだけ専用のものを使うのがおすすめです。

フィルターをセットし送風させれば完了

専用クリーナーで内部が洗浄でき、液垂れなど問題がなければフィルターを戻します。干しておいたフィルターがまだ濡れていると感じたら、キッチンペーパーなどで軽く水気を拭うとよいでしょう。フィルターをセットできたら、エアコン前部のカバーをしっかりと閉じます。

この際、エアコン表面の汚れが気になる場合には、固く絞った雑巾などで拭いておきます。特に問題が無ければコンセントを差し込み電源を入れます。しばらく送風モードに設定し、内部をよく乾かしましょう。この作業をしっかり行うことで、内部に残った水分から発生するカビを抑制することができます。

30分から1時間程度運転を続けて、エアコンから出る空気にカビやホコリ臭さを感じなければ清掃は完了です。

おかしいなと思ったら業者に任せよう

やってみると意外と簡単なエアコン清掃ですが、長年のホコリが湿気を纏い内部で固まってしまっていたり、送風口から確認できるほどカビが生えてしまっていると、個人では完璧に掃除をすることができません。また、掃除の途中で洗浄液が漏れ出したり、排水トラブルが起きてしまうこともあります。そうなってくると、素人には手の施しようがありません。

もし、エアコンの掃除を考えているけれど自分でやるのは不安だと感じるのであれば、専門の業者にお願いするのが良いでしょう。また自身で清掃中にトラブルが発生した、手順を守りしっかりと洗浄できたはずなのにエアコンの空気がかび臭いなど、気になることがあればまずは相談をしてみましょう。

エアコンをきれいに保つことは、健康な生活を送るためにも必要なことです。年末の大掃除だけでなく季節の変わり目などにエアコンのお掃除を習慣付けると、より良い生活を送ることができるでしょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング