自分で簡単にエアコン掃除をする方法

暑い日も寒い日も部屋を快適温度に保つため稼働しているエアコンは、生活の中で無くてはならない家電です。決して安くはないだけに、故障させず長持ちさせたいものですが、そのためには定期的な掃除が必要になります。業者に任せる家庭も多いですが、定期的に依頼するのは費用もかかります。自分で簡単に掃除する方法は無いのでしょうか?

エアコン掃除に準備すべき物

エアコン掃除で一番大切なのはエアコンクリーナーです。様々な種類が販売されていますが、必ず必要なのは冷却フィンに使うフィンクリーナーと、ファンクリーナーになります。ちなみに冷却フィンはフィルターの奥にある金属部分で、冷房運転している時は結露が発生して、カビが発生しやすくなります。

またファンは送風口の奥にある筒状のパーツで、温度調節をした空気を部屋に吐き出す役割があり、こちらも清潔に保つ必要があります。一般的にフィンクリーナーが多く販売されていますが、ファンクリーナーを使っての掃除も同時に行わなければ効果が得られないと考えられています。

その他必要なものは、歯ブラシや柔らかいブラシ、台所用洗剤、タオル、ゴミ袋、新聞紙、ガムテープ、割り箸、キッチンペーパー、畜圧式噴霧器等となります。

掃除する前に養生しよう

エアコンの掃除は壁に取り付けられた状態で行わなければいけません。そのままの状態で掃除を始めると、床や壁、家具に家電、天井まで部屋のあらゆる場所に汚れが飛び散る可能性があります。

部屋を汚さないためにも、掃除をする前に養生しておく事が大切なのですが、まずはエアコンに取り付ける養生シートを作ります。大型のゴミ袋が使いやすく、エアコンから流れ出る汚水を漏らさずキャッチ出来るよう、テープでしっかり固定させておきます。

そしてエアコンの周りの壁はガムテープで覆っておき、床には新聞紙を敷き詰めます。家電はなるべくエアコンから離れた位置に移動させ、動かせない家具には新聞紙やビニール袋を被せておくと、汚れから守る事が出来ます。

フィルターの掃除方法

フィルターを掃除する前には、掃除機を使ってある程度の埃や汚れを吸い取っておきます。エアコンパネルを開けてフィルターを取り出す時は、破れたり歪みが生じないよう、ゆっくり丁寧に外す事が大切です。

大量に埃がついてる表側から掃除機をかけ、裏面の汚れも吸い取った後に、細かい埃を取るために水で流します。掃除機で吸い取る時は表側からですが、水で流す場合は埃が詰まらないように裏面から行うのがポイントです。

もし水洗いでは落とせない汚れがある場合は、水で薄めた台所用洗剤を使って、ブラシで優しく擦っていきます。最後は清潔なタオルで水気を拭き取り、陰干しをして乾燥させます。濡れたままの状態でエアコンに戻すとカビを発生させる原因になるため、しっかり乾かしておかなければいけません。

吹き出し口とルーバーの掃除方法

吹き出し口はエアコンの中から空気が出てくる最後の部分になるため、ここが汚れていると部屋全体に汚れをまき散らす事になってしまいます。掃除方法は、お湯につけて固く絞ったタオルで拭いていくのですが、風向きを調整するルーバーは手が届きにくく、非常に掃除しづらい部分です。

そこで便利なのが、割り箸にキッチンペーパーを巻き付け、輪ゴムで止めた掃除棒です。掃除棒もお湯に浸して、しっかり絞ってから吹き出し口の中を拭いていきますが、手が入らない部分の掃除も手軽に行う事ができ、こびりついたカビなども綺麗に落とせます。

ただエアコン内部の奥は精密な作りになっているので、無理して奥まで棒を突っ込むような作業は控えなければいけません。

冷却フィン・ファンの掃除方法

冷却フィンの掃除は、まず表面の埃を掃除機で吸い取り、歯ブラシなどを使って汚れを取っていきます。フィン全体にフィンクリーナーをスプレーし、決められた時間放置すれば終了です。

一方ファンの掃除は、吹き出し口からファンクリーナーをスプレーしていきますが、時々ファンを回転させながら、ファン全体にクリーナーを行き届かせるようにします。決められた時間放置した後は、付属のリンス剤を吹き出し口からスプレーし、洗浄剤を流していきます。

そしてリンス剤も使い切った後は、畜圧式噴霧器に水を入れてファンをすすぎます。洗浄剤が残った状態だと故障の原因になるため、すすぎ作業は念入りに行わなければいけません。最後はしっかりと乾燥させて送風運転をし、中から洗浄剤が出てこなければ終了です。

掃除した後に綺麗な状態に保つコツ

エアコンの掃除は冷房や暖房を使わなくなった秋や春先に行うようにします。出来れば年に2回、最低でも1回は行うようにすると、汚れの溜まり具合も最小限に止められます。自分で掃除するのは大変ですが、苦労して掃除した分、その状態を少しでも長く持たせたいものです。

そのポイントとしてはまず、エアコンを使った後に送風運転するようにします。エアコン使用後は内部にカビの原因となる結露が発生するのですが、この結露を蒸発させるには30分程度の送風運転が効果的なのです。

またエアコンの種類にもよりますが、内部クリーン機能や内部乾燥運転機能がある場合は、積極的に活用した方が清潔に使えるようになります。そして実は部屋の湿度が、エアコン内部のカビを発生させる原因にもなるので、窓を開けたり換気扇を回すなどして、部屋全体の湿度を下げるようにする事も大切なポイントです。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング