自分でできる!エアコンファンの掃除方法!

久しぶりにエアコンをつけると、変なにおいがすることがありますよね。そのにおいの原因は、ずばりエアコン内部に発生している黒いカビなのです。エアコン内部のカビを取り除かない限り、この嫌なにおいは消えないのできれいに掃除してしまいましょう。しかしながら、プロの業者にエアコンクリーニングを頼むとなかなか高額になります。そこで今回は自分でできる!エアコンファンの掃除方法をまとめていきます。

エアコンが汚れる原因とは?

エアコンは、部屋の空気を吸い込むとエアコンの内部で温度調節をして吐き出します。部屋の空気が汚れていればいるほど、エアコン内部が汚れてしまうのは当たり前なのです。エアコン内部をできるだけ汚したくないのであれば、部屋の中の空気をきれいにしておくべきでしょう。

例えば、毎日窓を開けて換気をする、空気清浄機を使う、などがおすすめになります。キッチンがある部屋のエアコンは特に汚れやすいので、料理をする際にはエアコンを稼働させるのはなるべく避けましょう。

また、日本の夏は湿度が高くムシムシしているので除湿運転をする機会は増えますが、その湿っている空気をエアコン内部に取り込むとカビがどんどん繁殖していくのです。

エアコン内部が汚れた状態で稼働させると?

エアコン内部が汚れた状態で稼働させると様々なデメリットがあります。エアコン内部がカビだらけだと、カビ菌を部屋中にまき散らしてしまうことになるのでカーテンやベッド、ソファー、ぬいぐるみ、などにカビ菌が付着してしまいます。

そして私たち人間の肺の中にもそのカビだらけの空気が入り込んでいくのです。酷い場合は過敏性肺炎になることもあるので注意しましょう。

また部屋の中を掃除していなくてホコリだらけの場合も危険です。そのホコリをエアコンが吸い込むと、エアコンファンにホコリがたくさんついてしまいます。ホコリがついた状態でエアコンを稼働すればホコリが混じった空気を吸い込むことになるので、アレルギーの原因になってしまいます。

汚れたままだとエアコンに不具合

エアコン内部が汚れた状態のままだと不健康になってしまうことは上記で説明しましたが、その他にもデメリットはあります。エアコンのフィルターにほこりがついたままだと風力が落ちるので、エアコンの効きが悪いと感じます。その結果、暑い時期はどんどん温度を下げてしまう、寒いときはどんどん温度を上げてしまうので、電気代が高くなるのです。

さらには空気を取り込んだり排出するパワーも弱くなっていき、最悪の場合はエアコンが故障してしまう恐れも。また長い期間、エアコン内部の掃除を怠ってしまうとゴキブリが卵を産み付けることもあります。ゴキブリは暗くてジメジメしている場所を好むので、エアコン内部はそれに当てはまりますよね。それらを避けるためにはこまめに掃除をするしかありません。

健康のためにもエアコンファンを掃除しよう

エアコンの掃除を自分でするとなると、フィルターやフィンは洗うけどエアコンファンはどうしていいか分からず、手を出さないという方も多いのではないでしょうか。

また、エアコンファンは奥にあるので掃除するには手間がかかってしまいますよね。しかしながら、いくらフィルターやフィンをきれいにしても、エアコンファンが汚れた状態のままだと掃除した意味がないので、しっかり掃除しましょう。

掃除方法を教える前に、やってはいけないことがいくつかあります。エアコンを稼働したまま掃除する、市販の洗浄スプレーを使用する、エアコンファンに付着しているほこりを綿棒で取ろうとする、自分で分解してエアコンファンを取り出す、などは絶対にしないで下さい。

掃除でやってはいけないことをすると?

エアコンを稼働したまま掃除すると、掃除道具がエアコンファンに当たってしまい破損してしまう恐れがあります。エアコンが壊れてしまうと買い直さないといけなくなるので注意しましょう。

市販の洗浄スプレーを使用するのは、一見良さそうに思えますが根本的な解決にはなりません。洗浄スプレーをかけると一時的にはにおいが減りますが、しばらくすると復活します。なぜならエアコン内部に薬剤が残ってしまうので、それがカビやほこりの栄養になるからです。

エアコンファンに付着しているほこりを綿棒で取ろうとしても、すべては取り切れないことが多いです。綿棒で刺激され取れやすくなったカビやほこりが付着したまま、エアコンを稼働すると空気中に舞いやすくなるのでやめましょう。

自分で分解してエアコンファンを取り出そうとすると、元に戻そうとする際に戻し方がわからなくなってしまう恐れがあるので注意して下さい。

エアコンファンの掃除方法とは?

エアコンファンを自分で掃除する際には、必ずプラグを抜いてからにしましょう。プラグを抜かないまま掃除を始めると不意にエアコンが稼働してしまうことも。ケガや感電、または故障の恐れがあるので必ずプラグは抜きましょう。

そしたら汚れても良いタオルに、中性洗剤を薄く染み込ませます。そのタオルを固く絞ったら、エアコンのルーバーを手で回転させながら拭いていきます。

汚れを拭き取ったら、次は中性洗剤を使わずに水だけを染み込ませたタオルを固く絞ってから拭きあげていきます。その際に無理矢理奥の方に手を突っ込むと故障してしまう恐れもありますので、注意しながら掃除して下さい。

掃除が終わったら、プラグを差してから電源を入れて送風運転すれば完了になります。しかしながら、自分で掃除するにはやはり限界があるので、定期的にプロの業者に頼みましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング