室外機がうるさい!原因とその対処法

日本は四季がはっきりしている国なので、室内の温度調整が可能なエアコンは、とても役に立つ電化製品です。特に夏と冬の期間は、エアコンを頼りにする家庭も多いことでしょう。蒸し暑い夏の夜などは、一晩中エアコンを作動させることも珍しくありません。このように身近なエアコンですが、室外機の音がうるさくなって気になることもあるものです。ではエアコンの室外機は、どうしてうるさくなってしまうのでしょうか?

室外機がうるさくなる理由とは

エアコンの室外機がうるさくなる理由は、室外機の役割に関係があります。そのためまず室外機とはどういうものなのか、知っておくことは無駄にはなりません。エアコンの室外機は室内機とつながっており、コンプレッサーを使って冷媒を循環させています。

冷房時には熱くなった冷媒を冷やし、暖房時には冷たくなった冷媒を暖めます。冷媒の、液体から気体になる時に周囲から熱を奪う作用と、気体から液体になる時に熱を放出する作用を活かし、室内の温度を調整しているのが室外機なのです。このため室外機は外気に触れる必要があるので、屋外に設置をされているというわけです。室外機がうるさくなる主な原因としては、おもに次の3つが挙げられます。

・室外機のフィルターが汚れている
・室外機を設置している土台が安定していない
・室外機のコンプレッサーやパーツが劣化している

ではうるさくなる理由と、対策についてそれぞれ詳しくみていきましょう。

室外機のフィルターが汚れている

室外機は、冷媒ガスと外の空気との熱交換の役割を担っています。そのため、外気を取り入れなければなりません。外気はいつも綺麗だというわけではなく、ホコリや枯葉、ゴミなどがまじっていることがあります。外気を吸い込む時にそれらの異物が中に入ると、室外機の故障の原因となってしまうことがあります。

それを防ぐために、室外機にはエアーフィルターが設置されているのです。フィルターが綺麗ならば問題ありませんが、ホコリや枯葉、ゴミなどが詰まってくると空気の流れが悪くなります。

こうしたフィルターの汚れを放置していると、空気を吸い込む時に異音を発するようになり、うるさくなるというわけです。定期的にフィルターを掃除して、ゴミを除去していれば異音を防ぐことができます。

室外機を置く土台が安定していない

室外機を置く場所は、ベランダや地面の上だけとは限りません。2階以上の建物でベランダが無い場合は、窓の外に吊ったり棚を作ってその上に設置したりすることもあります。

また、ベランダや地面の上に置く場合も、直接地面に置くことは稀です。なぜかというと、コンプレッサーが作動すると振動が生じるので、地面に直置きでは室外機が徐々に移動するからなのです。このため土台を設置して、その上に室外機を置くことが通例となっています。

この土台がしっかりしているならば問題ないのですが、長年エアコンを使用していると振動によりガタがくることがあります。その結果、室外機がうるさくなってしまうというわけです。これを防ぐためには、土台のチェックが欠かせません。高い場所に室外機が設置されている場合は、専門業者にまかせるのがよいでしょう。

室外機のコンプレッサーやパーツが劣化している

室外機は室内機とは違い、外気と接触しています。そのため天候の影響を受けやすく、経年劣化が進むことも珍しくありません。エアコンの室外機はコンプレッサーで冷媒を循環させているので、コンプレッサーが発する振動が各パーツに伝わります。この振動に、さらに風や車の通行などから受ける振動が加わり、パーツが傷むというわけです。冷媒を循環させるガス管の接合部は、特に影響を受けやすい場所の1つです。

また、コンプレッサー自体が劣化をして、騒音を出すこともあります。このような場合はパーツを交換したり、コンプレッサーを取り換えたりする必要があります。コンプレッサーの劣化はエアコンの機能の低下も招くので、早めに対処するのが賢明です。

異音の発生には違う原因も

エアコンの室外機に異音が発生する原因には他のものも考えられます。まず、室外機を設置している場所が問題となることがあります。室外機が壁と近すぎると、振動が壁に反響して騒音を生じることがあるのです。

この場合は、室外機の位置を少し壁から離すとよいでしょう。エアコンを設置した時の、動作確認も大事なことです。冷媒ガスの栓が完全に開いておらず、ガスの流れが悪いとコンプレッサーに負荷がかかり異音が生じます。こういった時にはエラーコードが表示されるので、確認して対処する必要があります。

エアーフィルターの掃除も大事ですが、破損したエアーフィルターがファンに当たり騒音を発生することもあります。この場合はエアーフィルターを交換しましょう。

室外機の状況を確認し対処することで得られるメリットとは

室外機がうるさくなる前に室外機の状況を確認し、対処することには数々のメリットがあります。まず、エアーフィルターを清掃すると室外機の運転効率が良くなります。その結果、エアコンの効きも良くなるのです。運転効率が上がると、電力の消費も抑えられます。

また、効率が良いと室外機の劣化も抑えられるので、本体の寿命が長くなる可能性が出てきます。コンプレッサーの異常を放置していると、交換が必要になることがあります。コンプレッサーの交換にはお金がかかるので、早めの対処はお金の節約にもなるのです。

このように室外機を清掃し、パーツの交換などの対処を早めにすることには様々なメリットがあるので、定期的なチェックを欠かさないようにしましょう。エアコンが正しく作動することは、快適な生活にはとても重要なことです。自分で出来ることは自分で行い、難しい場合には専門家に依頼するとよいでしょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング