初めてでも大丈夫!エアコンの掃除方法を徹底解説!

なんだかエアコンの風がカビ臭くて臭うなと思ったら、それは汚れが溜まっている証拠です。汚れたままのエアコンを使い続けると多量の埃やカビを吸い込んでしまいます。今回、初心者向けのエアコンのお掃除方法をお伝えしますので、夏に向けてエアコン掃除に取り組んでみましょう。また、自分で掃除するのが苦手な方のためにプロにクリーニングを依頼した場合の流れと料金についても説明します。

まずはフィルターを取り外しましょう

エアコンのお掃除と言えばまずはフィルターを綺麗にすることです。ではその手順とはどのようにするのでしょうか。まず初めに、綺麗なタオル2枚、台所用の中性洗剤、使用済みの歯ブラシを用意しましょう。

そして、フィルターを外す前に掃除機で周辺に付いている埃を吸い取っていきます。というのも、いきなりフィルターを外してしまうと溜まっていた埃が一気に落ちてきて部屋中が埃まみれになってしまうことがあるからです。

掃除機をかけて周辺の埃を一通り吸い込んだらフィルターを丁寧に外します。フィルターは非常に薄いプラスチックでできていますので、無理やり力を入れて外そうとすると破れたり歪んでしまったりします。まずはエアコンのパネルを両手でゆっくりと上げて、左右均等に力を入れて丁寧にフィルターを取り外します。

フィルターのお掃除方法

フィルターを取り外したら、表面にたくさん埃が付いているのが見えますので、表側から掃除機をかけて吸い取っていきます。この時、裏側から掃除機をかけてしまった場合、フィルターの目に埃が詰まってしまうので気を付けましょう。

次に、フィルターの裏面から水洗いをします。掃除機をかけた時と逆で、水洗いする場合は裏側から洗うことです。汚れがこびりついて落ちない場合は台所用の中性洗剤を水で薄めて使用済みの歯ブラシを使って洗っていきます。

フィルターを傷つけないように優しく洗っていきましょう。そして、フィルターを洗ったら綺麗なタオル二枚で挟むように拭いていきます。フィルターが濡れたままの状態でエアコンに戻してしまうとカビが発生する原因になるのでしっかりと拭くことです。

エアコンの吹き出し口の掃除方法

フィルターを綺麗にしてもエアコンの吹き出し口が汚れていては汚れた空気が出続けてしまいますので、この部分も綺麗にすることが大切です。キッチンペーパー、割りばし、台所用の中性洗剤を用意しましょう。

まず初めにエアコンのコンセントを抜いてから作業を始めます。エアコンの吹き出し口にある風向きルーバーを手で回して吹き出し口を開いたら、お掃除棒を使って掃除していきます。

お掃除棒は割りばしにキッチンペーパーを巻き付けて輪ゴムで止めたら完成です。お湯に中性洗剤を混ぜたら、お掃除棒を軽く浸けて絞り、吹き出し口の中を丁寧に拭いていきます。エアコン内部の奥にはフィンと呼ばれる繊細な部分がありますので、ここを傷つけないように見える範囲だけを拭くように心がけます。

綺麗な状態を保つためには

エアコンを綺麗にしたら、なるべくそのまま綺麗な状態を保ちたいものです。そのために冷房を使用した後に送風運転をしてエアコンの中を乾燥させることがポイントになります。送風運転を約一時間行えばエアコンの中の結露を乾燥させカビを防いだり悪臭予防ができるのです。

また、こまめに部屋の換気をすることも大切になります。エアコンは部屋の埃を吸い込んでしまう性質があるため、普段から部屋の窓を開けて部屋自体の埃を減らすことです。

そして、できれば2週間に一度はフィルターを掃除することで綺麗な状態をずっと保つことができます。もし、自分で掃除するのが面倒くさいという場合はプロのクリーニングを依頼して、定期的に掃除してもらうことが大切です。

プロに頼んだ場合の流れ

自分でエアコンを掃除できればいいですが、慣れない作業に四苦八苦して気づけば半日かかってしまったということもあります。また、エアコンの奥のパーツは自分では中々汚れが取りきれませんので、プロに依頼するのがいいかもしれません。

プロに依頼した場合、エアコンを分解し洗浄、乾燥、フィルタ掃除、排水ホースの掃除といった手順でエアコンを隅々まで掃除していきます。

ちなみに、この手順を自分でやろうとすると軽く一日はかかってしまうかもしれませんが、プロにまかせた場合通常のエアコンであれば1時間から2時間ほどで完了してしまいます。洗浄に関しても、高圧洗浄機と強アルカリ洗剤が使用されるため、エアコン内部まで徹底的に埃やカビを洗い流すことが可能なのです。

料金について

気になるエアコンクリーニングの料金ですが、エアコンのタイプによって値段も変わってきます。一般的な家庭で使用される壁掛けタイプのエアコンの場合1台9千円程度、2台になると1万5千円程度が相場となります。お掃除機能がついているエアコンの場合、分解や組み立てが複雑になり料金も数千円ほど高くなるのが一般的です。

天井埋め込み型タイプのエアコンの場合、1台1万6千円程度、2台で3万円程度が相場となります。埋め込み型タイプは高い場所に設置してあることが多く、高い技術が必要とされるので必然的に料金も高くなります。

その他のクリーニングオプションとして消臭抗菌コートや室外機洗浄といったサービスも利用すればさらにエアコンを綺麗に保つことができます。消臭抗菌コートに関しては無料で実施している会社もありますので、お値段とサービス内容を比べてみることが大切です。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング