エアコンクリーニングをスプレーで簡単に!自分でできる掃除方法をご紹介

夏場と冬場にフル稼働する便利なエアコンですが、掃除をしないで放っておくと内部にカビや雑菌、埃などが溜まっていきます。しまいにはそのカビや埃目当てに虫が侵入するケースもあるのです。それを防ぐためには定期的な掃除が必要です。その為に便利なものがエアコン洗浄スプレーです。ここではその便利な使い方や、メリットとデメリットも含めて紹介していきます。

エアコン洗浄スプレーとは

エアコン洗浄スプレーは、エアコンの内部を掃除するときに使用するものです。エアコンのカバーを開けて、内部にスプレーを吹き付けて使用します。

値段は1本で約数百円から、千円程度で購入できるお手頃価格が多いです。そして無香タイプや、花の香りのするタイプなどいくつか種類があります。主にドラッグストアなどで販売されていますが、インターネットでも購入することが出来ます。

このスプレーを使用して主に掃除できる場所は、エアコン内部の「フィン」と呼ばれる場所です。フィンとは熱交換器のことで、市販で販売されているスプレーのほとんどは、このフィンを掃除するためのものが多いです。ちなみにフィンはエアコンから取り外すことが出来ません。ですからフィンに直接エアコン洗浄スプレーを吹きかけて掃除をすることになります。

スプレーを使用した掃除の仕方

まずはエアコンの周りを養生する作業から始めます。スプレーの洗浄剤やエアコン内部から滴る汚れが、部屋を汚してしまう可能性が高いためです。できればエアコン全体を、大きな透明のビニールゴミ袋等で囲ってしまうくらいの養生をすれば、部屋が汚れる可能性は低くなります。

そして使用するときにはエアコンの内部の基盤という部分に、スプレーが掛からないように養生してください。ここにスプレーが掛かると故障の原因にもつながります。そして養生が出来たら掃除を始めます。

まずはエアコンのカバーを開けるとフィルターが見えます。このフィルターは取り外すことが出来るので、外して埃等を取り除き水洗いをする程度で大丈夫です。そしてその奥にフィンがあります。

まずはブラシ等でフィンに付着したほこりを取り除き、それが済んだらフィンにまんべんなくエアコン洗浄スプレーを吹きかけていきます。注意点として必ず使用前にはスプレーの説明書をよく読んで、使用方法を十分に確認しておきましょう。

スプレーを使用するメリット

スプレーを使用した掃除をすることによって得られるメリットは、ほとんど費用が掛からないという事です。数百円から千円程度のスプレーを購入するだけで、他に必要なものは養生のゴミ袋や、フィルターなどを掃除するためのブラシやバケツくらいです。

エアコン内部の掃除を怠ると故障の原因になったり、エアコンの冷暖房のパワー低下などにも繋がります。それを防ぐ為にはこまめな掃除が必要です。その掃除をほとんど費用をかけないで出来ることが最大のメリットになります。

他にも使い方がいたって簡単なことが挙げられます。フィンに吹き付けて汚れを浮かせて、汚れた洗浄液は養生したごみ袋の中に溜めるだけなので、未経験者が使用する際にもいたって簡単です。

便利な商品だがデメリットもある

逆にスプレーを使用するデメリットもいくつかあります。まず、噴射した薬剤がきちんとフィンから落ちずに残ってしまった場合には、それが汚れやカビを誘発する可能性があるという事です。したがって薬剤が汚れとともに最後の一滴まで流れ落ちる様子を、時間をかけて確認してから掃除を終わらせる必要があるのです。

他にも養生をする際に手間がかかるという事も考えられます。養生は慣れるまでは時間や手間が掛かります。養生に失敗した場合には、汚れの付いた洗浄液で部屋を汚してしまうという事もあります。

その他にも、作業後に首などに筋肉痛などを発症する恐れもあるので、同じ体勢を長く続けないように注意をしながら掃除をするようにしましょう。

全てを掃除することは難しい

そして一番大きなデメリットは、エアコン内部のすべてを掃除することは難しいという事です。スプレーは主にフィンを掃除するためのものです。ですからフィンで冷却された空気を送り出す「ファン」という部分の掃除などは、素人では難しく下手に掃除をすると故障の原因になってしまいます。

特にファンは、フィンやフィルター以上にカビが発生しやすい場所であると言われます。もしもファンをスプレーを使用して洗浄する場合には、ファン専用のエアコン洗浄スプレーを購入して掃除をしなくてはなりません。

フィン専用のスプレーで、ファンを掃除したりすると同様に故障の原因になりかねませんので、きちんと専用のスプレーを購入して、説明書を十分に読んで使用するようにしましょう。

不安であれば専門業者に依頼する

このようにエアコン洗浄スプレーを使用した掃除には、メリットやデメリットがそれぞれあります。使用によって気を付けなければならない点がいくつかあるので、十分に事前準備をしてから掃除をするようにしましょう。

もしも内部の掃除に不安があるのであれば、エアコン掃除の専門業者に依頼するという方法もあります。専門業者であれば、ファンも含めたエアコン内部を隅々まできれいに掃除してもらえます。スプレーでの掃除に比べたら費用はやや掛かるかもしれませんが、一度設置したらエアコンは10年以上の長きにわたって使用することもあります。

さらにカビや埃の発生や、虫の侵入などはエアコンを使用すればするほど可能性が増していきます。それを防ぐのも、エアコンクリーニング業者の役目です。エアコンを使用しないような春先や秋に一度業者に依頼すれば、安心して次の季節から使用することが出来るようになります。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング