エアコンクリーニングは年に1回!キレイを保つ秘訣とは?

「エアコンってどのくらいの頻度で掃除すればいいんだろう?」「そもそもなぜ掃除する必要があるのかわからない」と疑問に持っていませんか?結論としてはエアコンは掃除する必要があり、一定の期間で継続的に掃除しなければなりません。今回はエアコンの掃除の頻度と掃除しなければならない理由、掃除した後にキレイに保つ秘訣についてご紹介します。

エアコンを掃除しないとこんなデメリットが…

「そもそもエアコンって掃除が必要なの?」と思っていませんか?掃除をしなくてもエアコンは稼働しますが、掃除をしない場合、次のようなデメリットがあります。

  1. 電気代が高くつく

    フィルターやフィンがホコリやカビによって塞がれてしまうと、思ったとおりに空気をコントロールできなくなるため、エアコンに負荷がかかります。より大きな力で空気を循環させようとするので、電気をより多く使うことになり、電気代が高くついてしまいます。

  2. 部屋の空気が悪くなってアレルギー症状を引き起こすことも

    エアコンは部屋中の空気を吸って吐き出しているため、フィルターやフィンがホコリやカビによって汚れている状態だと、部屋中にホコリやカビを撒き散らしてしまいます。お子さんや気管支が弱い方が住んでいる家庭では、そのような環境で暮らし続けるとカビアレルギーやひどい場合は肺炎などの症状を引き起こしかねません。

エアコンクリーニングは年1回でいい

エアコンの使用頻度や使用環境によって変わってくる部分ではありますが、エアコンの掃除は1年に1回、専門の業者に頼んで徹底的に掃除してもらいましょう。また、専門の業者に頼まなくても自分で掃除できる部分があります。その部分は1ヶ月に2回程度を目安に掃除すると良いです。

  1. エアコンフィルターの掃除

    こちらは自分で掃除ができる部分です。フィルターはエアコン内部にゴミやホコリが入らないようにするためのもので、特にホコリが溜まりやすい箇所ですが、フィルターは簡単に取り外しができるため、シャワーやエアコン掃除用のスプレー、掃除機を使って簡単にホコリを取ることができます。

  2. エアコン内部の掃除

    こちらは専門の業者に頼んで清掃してもらいます。フィルターがあってもエアコン内部に入り込んでしまうホコリやゴミがあり、エアコン掃除用のスプレーでも届かないフィンや内部ファンを掃除してもらいます。また、エアコン内のカビは手の届かないところに生えてしまうので、エアコンを分解して徹底的に掃除してくれる専門の業者にお願いしましょう。

エアコンクリーニングを頼むのは春か秋

「年に1回ならいつお願いすればいいの?」と疑問に思ったかもしれませんね。答えは「春」か「秋」がお願いする時期としては最も良いです。厳密には「夏が始まる前」か「夏が終わった後」なのですが、その理由は冷房を使った時の結露の発生によってカビの温床となってしまうからです。

夏の間に冷房を使うことで、カビが繁殖し始めることが予想されるので、夏が終わって冷房を使わなくなる時期に掃除すれば、カビの繁殖前にキレイにすることができます。また、夏が始まる前に繁殖するカビをキレイにしておくことで、さらなる繁殖を防ぐことができます

「春」か「秋」のどちらかと言われれば、繁殖する前にキレイにしておいたほうが良いので、おすすめは「秋」になります。

お掃除機能付きエアコンなら掃除しなくてもいい?

「お掃除機能付きエアコン」というのも珍しくなくなってきましたが、エアコン自身が掃除するのなら人の手で掃除する必要はないのかというと、そんな事はありません。お掃除機能はフィルターのお掃除をする機能なので、フィルターはキレイにできるかもしれませんが、エアコン内部までは掃除できないため、人の手による掃除が必要です。

1ヶ月に2回程度行う必要があるフィルターを掃除してくれる機能はとてもありがたいですが、エアコン内部が掃除できないということは、カビの繁殖を防ぐことができないということなので、エアコンを快適に使用するためにも人の手による掃除は必要不可欠です。

エアコンを分解して隅々まで掃除する専門の業者と同じことはできない、ということですね。

エアコンをキレイに保つ秘訣

エアコンを掃除した後にすぐに汚れてしまうのは嫌ですよね。エアコンをキレイに保つ秘訣は「吸気口」にあります。エアコンは部屋中の空気を吸い込む掃除機のようなもので、給気口から空気を吸い込みます。そのため、給気口から吸い込む空気がキレイであれば、エアコン内部も汚れにくいということになります。

  1. フィルターをこまめに掃除する

    吸気口から吸った空気のホコリやゴミを防ぐために、エアコン内部にフィルターが付いています。こまめにフィルターを掃除することは、エアコン内部をキレイに保つためにも大切なことなのです。

  2. 外付けの吸気口フィルターを使う

    エアコンの給気口は、エアコン上部についています。そのため、エアコン自体にかぶせるように付ける外付けのフィルターが売られていて、内部のフィルターまでホコリを届かせないようにする事ができます。また、同じように吸気口にくっつけるだけでカビの発生を抑える効果のある商品もあるので、これらを利用してエアコンが吸気する空気をキレイにするという対策があります。

エアコンクリーニングは年1回、月に2回程度自分で掃除する

エアコンは部屋中の空気を吸って吐き出すという仕組みであるため、エアコン内部の状態は部屋中の空気に影響してきます。特にお子さんがいたり、ペットを飼っている家庭では、エアコンの使用頻度も高くなるので部屋の中の空気の状態には気をつけたいものです。

ホコリやカビは日常の中に当たり前に存在しているものですが、ふとしたきっかけで思いがけない悪影響をもたらすことがあるので、甘く見ないほうが良いでしょう。

専門の業者によるエアコンクリーニングでエアコン生活は快適なものとなり、定期的な分解掃除によってエアコンの寿命ものびてきます。日常的に使用するエアコンであるからこそ、キレイにして使いたいですよね。日本人には「年に一度の大掃除」という考えが根付いているので、エアコンに関しても「年に一度の大掃除」を心がけましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング