エアコンクリーニングの相場や業者選びについて解説

エアコンクリーニングを依頼しようと検討している方の中には、なるべく安い価格で充分なサービスを受けたいと考えている方もいるのではないでしょうか?
エアコンクリーニングはエアコンの種類や業者によって価格相場が異なっているので、ここで紹介する情報を参考に業者を選んでみましょう。エアコンクリーニングに関する基本的な情報も含めて紹介しています。

エアコンクリーニングって何をしてくれるの?

業者に依頼するエアコンクリーニングでは、個人ではできないエアコン内部の清掃を徹底的に行ってもらうことができます。個人で掃除をする場合は、フィルターの清掃やカビ取りスプレーなどを内部に噴射するなど、外側からしかできない清掃に偏ってしまうことが多いですが、エアコンクリーニングでは、パーツを外して内部の隅々まで洗浄してもらえます。

クリーニング後のカビ予防もしてくれることも

高圧洗浄や防カビ・防菌スプレーなど、業者が扱う専門的な道具を使って溜まっていた汚れを落とし、業者によっては汚れがひどくならないように対策してくれることもあります。また、業者の中には、エアコンと繋がっている室外機の清掃を行ってくれるところもあるので、希望があれば確認して依頼してみましょう。

エアコンクリーニングの相場

エアコンクリーニング業者では、エアコンの種類とプランごとに料金が決められていることが多くあります。エアコンの種類としては、自動お掃除機能が付いているタイプと付いていないタイプ、清掃プランではクリーニングだけを施すプランと、抗菌対策まで行うプランなどがあります。

実際の相場は?

具体的な相場としては、シンプルなクリーニングのみの場合、1台あたり12,000円、2台で20,000円程度となっています。そして、自動お掃除機能付きのエアコンでは、1台あたり22,000円、2台で42,000円程度が相場です。抗菌対策を施す場合は、それぞれのプランに3,000円を足した金額が相場となっています。
料金に関しては業者のホームページなどに細かく記載されているので、予算内に収まるプランを選びましょう。

業者に頼めること・頼めないこと

エアコンクリーニング業者はあくまでも清掃業者となっているので、部品の交換や修理などをすることはできません。清掃を依頼したあとに、エアコンの効きが悪くなっているから修理してほしい、何が原因でエアコンの調子が悪いのか見てほしい、といった依頼をすることはできないので注意しましょう。

大抵のことは依頼できる

しかし、エアコンの清掃に関連することであれば、大抵のことはやってもらうことができます。清掃前の簡易点検やパーツごとの清掃などは専門知識を持ったスタッフに行ってもらえます。

設置している場所によっては…

清掃に関連する注意点として、エアコンを設置している場所が悪い場合は清掃を依頼できない可能性があります。パーツの取り外しができないような狭い場所や、脚立などを利用しても届かない場所に設置されているエアコンの清掃はできません。

エアコンクリーニングの工程

エアコンクリーニングの大まかな工程として、まずは清掃できる状態かどうかの簡易点検が行われます。この作業はパーツをどのように分解していくかを調べるためにも行われる他、清掃できるエアコンかどうかをチェックするために実施します。次に、パーツの分解と清掃です。パーツは一つずつ取り外し、汚れている箇所を専門的な道具を使って清掃していきます。

パーツの後は本体の洗浄

パーツの洗浄が終わったあとは、エアコン本体を専用の洗剤で洗浄し、頑固な汚れは高圧洗浄機で落としていきます。このとき、周囲に洗浄液が飛び散らないように養生してもらえるので、家具を移動させる必要はありません。
最後に、カビの発生を押さえる防カビ加工を施して終了です。防カビ加工に関しては、事前に依頼しておく必要があります。

クリーニング業者を選ぶ際のポイント

料金体系を見て判断する

業者を選ぶ際は、まず予算内に合うエアコンクリーニングのプランが用意されているのかをチェックする必要があります。そのためにも、具体的な料金体系が提示されている業者を選ぶことが大切です。

安さだけで選ぶのは危険?

注意点として、提示されている料金が安いという理由だけで業者を選ばないようにしましょう。中には、ホームページなどに記載されていない追加料金を徴収する業者もあり、予定していた金額を上回るケースがあります。オプション料金まで細かく記載されている業者を選ぶようにして、予算内で収まるエアコンクリーニングを依頼しなければなりません。

料金体系を見る際のポイント

料金体系を見る際のポイントとしては、エアコン1台あたりの料金まで記載されていること、追加料金が発生するケースについて明確に記されていること、オプションメニューまで細かく記載されていること、などが挙げられます。

サポート体制が充実しているかどうか

初めてエアコンクリーニングを依頼する方の場合、どの業者も初めて依頼することになります。そのため、どこの業者であれば安心して依頼できるのかわからない、という方もいます。このような場合、後からトラブルに発展しないように、サポート体制や保証制度がしっかり整っているかどうかで業者を選ぶことが大切です。

クリーニング時のミスの備えはあるか

希にですが、クリーニング作業中のミスが原因で、作業終了後にエアコンが故障していることがあります。このとき、適切な保証制度や相談窓口を設置している業者であればエアコンの修理費を保証してもらえたり、業者を通じて修理業者へ依頼することができます。
優良な業者であればホームページなどに保証制度や相談窓口に関するページが設けられているので、業者選びの際はこのようなポイントも事前にチェックしてから選ぶようにしましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング