エアコンクリーニングが安い「春と秋」にキレイにしよう!安くなる理由も解説

エアコンにはカビやホコリが溜まりやすく、頻繁に掃除することが大切です。自分でもできますが、内部までは綺麗に掃除できないですよね。そのような時は、業者に依頼してエアコンクリーニングをするといいでしょう。これから、エアコンクリーニングに最適な時期や頻度・メリットなどをご紹介しますので、参考にしてみてください。

エアコンクリーニングは早めに申し込むことが大切!

エアコンの中には、カビやホコリが溜まりやすいです。特に、長期間使用していなかった場合、使用前に掃除するといいでしょう。エアコンクリーニングは、使用直前でも構いません。

しかし、業者に依頼する場合、予約が埋まってしまう可能性があるため、早めに申し込んでおくことが大切です。特に高齢者や子供がいる家庭は、冷房や暖房による室温調整が必須でしょう。安心してエアコンを使用するためにも、早めにクリーニングをしておくといいのです。

エアコンにカビやホコリが溜まった状態で使用すると、咳喘息や気管支炎・カビによる肺炎のリスクが高まります。エアコンの冷気やカビが原因になることが多く、2週間以上乾いた咳が出る場合は、注意が必要です。

春と秋にエアコンクリーニングをするといい理由1「割引キャンペーンがある」

エアコンクリーニングを業者に依頼する場合、春か秋がいいとされています。つまり、4月~5月と10月~11月になるでしょう。その理由として、多くのクリーニング業者で割引キャンペーンをしているからです。

エアコンクリーニングは、実際にエアコンを使う夏や冬に予約が集中します。予約を分散させるために、予約が少なくなる春と秋に割引キャンペーンをしているのです。会社によって異なりますが、1000円~2000円引きが多く、春と秋ならエアコンクリーニングの費用を抑えられるでしょう。

また、その時期なら予約が取りやすく、希望の日時にクリーニングしてもらえます。繁忙期になると、予約が1ヶ月待ちもあるので、早めに予約するといいでしょう。

春と秋にエアコンクリーニングをするといい理由2「気温が暑すぎず、寒すぎない」

春と秋がエアコンクリーニングにいい理由には、気温も関係しています。春や秋は気温が暑すぎず、寒すぎないことが特徴です。つまり、エアコンをつけなくてもいい時期でしょう。エアコンクリーニングをする約1時間~3時間は、エアコンを停止しなければなりません。エアコンを停止していても、快適な温度で過ごせるのは春と秋なのです。

もし、気温が暑い夏に作業をすると、熱中症のリスクが高まります。家に住んでいる人だけでなく、クリーニングをする業者の人にも熱中症のリスクはあるでしょう。冬も部屋が寒すぎると作業がしづらくなります。扇風機やヒーターなどで室温を調整することもできますが、それらを使わなくてもいい春と秋がいいのです。

エアコンクリーニングの頻度とは?

エアコンクリーニングの頻度は、約1年~2年に1回が目安です。シーズンごとにエアコンクリーニングを依頼する必要はありませんが、自分自身で掃除できない場合は頻度を増やすといいでしょう。エアコンクリーニングは内部のホコリやカビを取ることが目的です。

使用頻度が少ない場合でも、ホコリやカビは付着してしまいます。それぞれの家庭によって、エアコンの使用時間はさまざまですが、使用時間が少ないからといってクリーニングを怠ってはいけないのです。

エアコンクリーニングの目安は1年~2年に1回ですが、自分自身でのフィルター掃除は頻繁に行うことが大切です。フィルター掃除は、2週間~1ヶ月に1度を目安に行うといいでしょう。

特にエアコンクリーニングが必要な場合とは?

家庭の状況によって、特にエアコンクリーニングが必要な場合もあります。例えば、幼児や低学年の子供がいる場合、ホコリが室内を舞いやすいです。エアコンを使用する時間も長く、フィルターなどにホコリが溜まってしまいます。

また、室内で犬や猫・ウサギなど、毛が舞いやすい動物がいる時も、エアコンクリーニングが必要です。ホコリや毛だけでなく、ノミやダニが発生している時もあります。喫煙者がいる家庭は、フィルターだけでなく本体にもヤニが付くでしょう。

さらに、キッチンの側にあるエアコンは、頻繁な掃除が必要です。エアコンは気化した油を吸いやすく、フィルターが油っぽくなってしまいます。さらに、吸い込んだホコリと混ざり、汚れが落ちにくくなるのです。

エアコンクリーニングのメリットとは?

エアコンクリーニングのメリットとは、汚れが落ちることで肺炎やアレルギーの予防になることです。エアコンの汚れが原因で、咳やくしゃみの症状が出る場合もあります。この症状は一時的ではなく、慢性化する場合が多いです。呼吸器疾患はエアコンクリーニングで防げる場合もあるため、風邪ではない咳やくしゃみがある時は、早めに対処するといいでしょう。

また、フィルターや内部の汚れがなくなると、エアコンの臭いがなくなります。汚れがあるエアコンからはカビやホコリのような臭いが発生するため、快適に過ごせないのです。

さらに、エアコンクリーニングで掃除をすると、電気代の節約にも繋がります。エアコンにある熱交換器は、空気を吐き出しながら温度調整するものです。フィルターなどに汚れが溜まっていると、多くの空気を吸い込もうとします。その時に余計な電力を使ってしまい、その分の電気代も高くなるのです。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング