エアコンをつけたらカビ臭い!その原因と対処法を紹介します

夏場に冷房として活躍したエアコンですが、冬場でも暖房として使用したいと思う人はたくさんいると思います。しかしいざ使ってみると、たいていの人が悩みとして感じるのは独特の臭気があることです。
実はその臭気の正体というのがカビであり、そのカビを放置するといろいろな問題を起こすことになります。その問題が重大になる前に、カビがなぜ生えてしまうのかという原因とその対処法を紹介します。

エアコンのカビ臭さの原因は何?

エアコンがなぜかび臭くなるのかというと、それはエアコン内部に付いた結露が大きく関係しています。エアコンの機能を簡単に説明すると、外に設置した室外機から空気を吸収すると室内のエアコン機に送り込まれるのです。
空気を送り込まれたエアコン機はリモコンのモードに合わせて、冷房であれば冷媒という特殊な水で冷やし暖房の場合にはヒーターで温めて室内に流します。

空気中の水分がエアコン内部に溜まる

問題は起動して時間が経つと、室内とエアコン内部に温度差が生まれて空気の中に含まれている水分が水滴としてエアコン内部にたまっていきます。
溜まった水滴は外に流される仕組みにはなっているのですが、そのすべてを排出できるというわけではないです。

カビの出す酵素がニオイの元

その排出しきれなかった結露に空気中に存在する黒カビの正体であるアスペルギルスが繁殖し、そのアスペルギルスなどのカビが出す酵素が空気と一緒に室内に流れることで臭うのです。

カビ臭さをそのままにしておくと…

かび臭くても我慢して使う人が大半ですが、実はそれを放置するというのはあまり良くないです。

1. 電気代が上がってしまう

まず悪影響その1としては電気代が上がってしまうことであり、カビの胞子で詰まった状態で使ってしまうとエアコンはリモコンの指示通りにするために強く空気を循環しようとします。
強く空気を循環しようとするということは、それだけ多くの電気を使用してしまうため省エネモードにしても電気代が高くなってしまいます。

2. 健康に良くない

悪影響その2はやはり健康面の問題であり、カビが繁殖したエアコンをそのまま使用するとカビは空気の流れを感じると胞子を排出する生態をもっています。
その胞子はとても小さくのどや鼻の粘膜そして皮膚を簡単に通り抜けて内部に侵入してしまうので、その胞子が原因で肺炎や鼻炎そして皮膚であればアトピー性皮膚炎の発症リスクを増やすなど健康問題があるのです。

掃除する方法

1. 掃除機をかける

カビ菌が繁殖する原因としては、エアコンフィルターにカビ菌が付着した埃が目詰まりを起こすことによって溜まってしまうことも考えられます。
そこで自分でエアコンのフィルターを掃除することでカビの繁殖を抑制することにつながるので、そのためにはまずフィルターを取り外して掃除機をかけます。

フィルターの外し方

フィルターを取り外すためには、エアコンの外カバーを説明書に記載されている通りに取り外します。取り外しに成功すると、そこに2枚のフィルターがあるので固定するためのくぼみから外してゆっくりと取り外します。

大きな埃のみなら外す必要はなし

もし大きな埃がついているだけであれば、フィルターの外側から掃除機を上から下にかけることによって埃を吸引することできれいにすることができます。

2. 中性洗剤で洗う

掃除機をかけても目に詰まった埃が取れない場合には、フィルターを水と中性洗剤で洗浄する必要があります。フィルターを取り除いたら、桶にぬるま湯を用意してその中に付けて濡らします。

中性洗剤でこすり洗い

濡らして埃をふやかしたら、今度はぬるま湯の中に中性洗剤を入れて泡立ててスポンジで吸収し軽くフィルターをこすり洗いをします。そしてシャワーで泡を洗い落としたら、乾いたタオルで簡単にふき取ったら直接日光の当たらない風通しの良いポイントで陰干しをして乾燥させます。

感想の仕方にも注意が必要

太陽の強い光で乾燥させると、プラスチックは熱い熱に弱いので最悪の場合われてしまう恐れがあります。さらに時間をかけて完全乾燥させないと、残った水滴がカビの繁殖の原因になるので注意が必要になります。
フィルターを見てみて完全に水分がないと分かったら再設置して掃除は完了です。

今後カビを増やさないようにするための注意点

今後カビを増やさないようにするための注意点としては、機能を使わない秋や春の時期に来たら必ず送風を行ってエアコン内部を乾燥させることです。いくらフィルターを掃除しても、すでに浸入してしまったカビ菌まで繁殖を抑えることはできないです。

水気がそもそもの原因

そもそもカビ菌が繁殖をするのは、先に言ったとおりにエアコン内部の温度差で起きた結露が原因なので水気が無くなってしまえば繁殖は増えていきません。そこで使わない時期が来たら、フィルターの掃除だけでなくエアコンを暖房モードの最高温度に設定して内部のカビ菌を最低でも10分を目安にして高熱で殺菌します。
高熱で殺菌してもそのまま放置すると温度差で結露が生まれてしまうため、暖房モードから送風モードに切り替えて1時間以上かけることで水分を飛ばしながら冷やすことになり繁殖しづらくなります。

エアコンクリーニング業者もおすすめ

エアコンのカビ臭い原因と対処法を紹介しましたが、このやり方はあくまでエアコンを購入してから5年が目安になります。さすがに5年以上たったエアコンになると、使用頻度にもよりますがカビの繁殖がエアコンの内部の奥深くにまで浸透してしまってフィルター掃除だけでは対処しきれなくなります。

もし5年以上経っているなら

5年以上たってフィルター掃除をしても臭いが取れない場合には、自身で対処するのにはもう限界なのでエアコンクリーニング業者に委託するのが良いです。エアコンクリーニング業者に依頼すると、経験豊富なスタッフがメーカー別の機器に合わせて分解してクリーニングすると共にカビが繁殖した部分は安全を考慮しつつ高圧洗浄機を用いて徹底洗浄を行います。

異臭がないことを最後に確認

最後に分解した部品の再設置を行って、しっかりと起動することを確認するのとエアコンの空気を嗅いでみて異臭が少なくなったら作業は完了という形になります。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング