エアコンの嫌な臭い…原因は?解決策を教えて!

夏はクーラー、冬はヒーターと大活躍してくれるエアコンですが、スイッチを入れると変な臭いがすると困っている人はいませんか。カビ臭かったり、納豆のような臭いがするといった悩みを抱えている人も多いようです。今回は、エアコンの嫌な臭いの原因について詳しく解説していきます。また、臭いをスッキリさせる方法についてもお伝えてしていきますので参考にしてください。

エアコン内部にカビが繁殖

エアコンの臭いの原因は、カビによって引き起こされていると言われています。この割合なんと約8割です。エアコン内部を定期的に清掃していないことでカビを発生させてしまいます。エアコンの内部にはほこりが溜まりやすく、結露ができやすい環境があります。

カビが繁殖しやすい環境というのが、湿度が高い場所と言われているので、エアコン内部はカビにとって住み心地が良い場所なのです。ほこりがあることで、カビはそのほこりを栄養にしてどんどん繁殖していきます。

カビが繁殖した結果、エアコンをつける度に嫌な臭いが部屋中に拡散してしまうことになるのです。カビは、アレルギーの原因にもなるものであり、喘息などの持病を持っている人にとっては害でしかありません。早急に対策が必要となるでしょう。

雑菌が原因になることも多い

エアコンフィルターに雑菌が付着することで、納豆のような臭いを発生させることがあります。これは部屋に備え付けているエアコンだけではなく、車のエアコンなどでも同様なのですが、フィルターが汚れていることで雑菌が付着して臭いを発生させてしまうのです。通称雑菌臭と呼ばれるもので、この臭いはとても強力です。

洗濯物などをよく室内干ししている人や湿度が高い部屋の場合、エアコンを使う度に内部で結露が起きてしまいます。その結果、カビだけではなく雑菌までもが繁殖するのです。この雑菌臭が部屋全体に拡散されると、とてもじゃないですが耐えられない臭いになるでしょう。

フィルター交換や清掃をすることで改善することができますので、早急に対策をしましょう。

すぐに臭いを消したい時にできる方法

エアコンの清掃をするのが臭い対策としては一番適しているのですが、とりあえず今どうにかしたいという人におすすめの方法をご紹介します。

まず、エアコンのスイッチを入れたら約10分ほど窓を全開にしておきましょう。スイッチを入れてすぐの時が一番悪臭が出やすい環境になるので、まずは10分程度窓を開けっぱなしにしておいてください。内部に付着したカビの胞子を放出することで臭いが軽減するでしょう。

次に、高温で1時間以上送風にすることで、カビ菌を死滅させましょう。カビ菌は乾燥した環境では生息することができませんので、高温設定にして送風にしてください。また、クーラーにした時に臭いがするケースであれば、27度以下に温度設定してみましょう。温度が低いことで空気中に臭いを拡散しにくくなります。

このような方法はあくまでも一時的なものですので、時間の余裕が出来たらエアコンの掃除をしっかりしましょう。

自分でフィルター掃除をする

エアコンの掃除方法ですが、自宅で簡単にできますので是非チャレンジしてみてください。まず、エアコンのパネル部分を開きます。パネル部分を開くとフィルターが見えると思うのですが、そのフィルターに溜まったほこりを掃除機で吸い取りましょう。フィルター周辺には、ファンなどがありますが、ここも出来る範囲で掃除をしましょう。

本来であれば、分解掃除までした方が確実に臭いを無くすことができますが、分解するのは簡単ではありませんので、見える範囲だけでもキレイにしてください。見える範囲のほこりや汚れを除去するだけでも臭いを軽減することが可能です。

この時に、エアコン専用の洗浄スプレーを活用すると効果的です。また、カビ除去剤というのも販売していますので利用してみましょう。エアコン用として販売されているカビの臭い消しも効果があります。ただし、これも一時的なものですので根本的な解決にはなっていません。まずは自分で清掃してみてください。

プロにクリーニングを依頼する

自分でエアコンの掃除をしてみても、臭いが軽減されなかったという場合は、プロにお願いしてみましょう。フィルター部分やファン部分のほこり除去や清掃をしてもダメだったとなると、分解したさらに奥の部分にまでカビやほこりが入り込んでしまっている可能性が高いということです。これは素人がやろうとするとかなり大変な作業ですので、プロにお任せしましょう。

エアコンの内部はとても複雑になっているので、分解しようとチャレンジしたものの、元通りにできなくなってしまったと困っている人が多いようです。そうなる前に、プロに依頼する方が得策と言えるでしょう。プロであれば、分解から清掃までしっかり行ってくれるので、臭いを根源からどうにしかしたいと考えている人は検討してみてはいかがでしょうか。

臭いを予防する為にできること

エアコンは夏や冬に欠かせないアイテムの一つです。臭いがするようになってから対処するのではなく、臭いがしないように予防していきましょう。予防法としては、定期的なフィルター掃除が効果的です。

ほこりが貯まることでカビや雑菌のエサになってしまいますので、ほこりだけでもしっかり清掃しましょう。また、電源をいきなり切ってしまうと結露の原因になりやすいので、電源を切る1時間前から送風運転に切り替えて結露しないように気を付けてください。

それから、エアコンをあまり活用しない時期であっても、1ヵ月に1度は送風運転をしておくというのも予防になります。タバコを吸う人であれば、タバコのヤニが原因の場合もありますので、部屋をこまめに換気することも大切です。原因に対して対策をすることで、臭いの予防に繋がります。清潔な空気を循環できるよう予防していきましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング