エアコンの吹き出し口にカビが!対処法から予防策まで教えます!

エアコンの吹き出し口に、黒い点のようなものが付着しているのを見たことはありませんか?その黒い点はただの汚れではなく、エアコンに生えてしまったカビの可能性が高いです。ここでは、吹き出し口に発生したカビの掃除方法や、今後の予防策について説明します。そもそも何でエアコンにカビが生えるのか、その理由も知って、カビが生えにくい環境を保っていきましょう。

外からは見えないエアコン内部にもカビが生える?

吹き出し口に黒い斑点のようなカビを見つけた場合、エアコンの内部にもカビが発生している可能性が高いといえます。一般的にエアコンのカビは、まずはドレンパンで発生し、そこからファンへと移動して最終的に吹き出し口に到達するケースが多いからです。ドレンパンとは、暖かい空気を冷やすときに生じる水分の一部をためる場所です。

水分が多いドレンパンではカビが発生しやすく、そこで発生したカビは冷風を送り出すファンを経て、吹き出し口まで移動します。要するに、エアコン内部で発生したカビが原因で、吹き出し口にもカビが発生しているということです。また、エアコンをつけたときに変なニオイがする場合は、カビが原因とも考えられます。

エアコンにカビが発生する原因とは?

カビといえば、お風呂場に発生することが多いですよね。実は、カビの好む条件さえそろっていれば、比較的どこにでもカビは発生しやすいといえます。

カビの好む条件は、湿度が80%以上・温度が25〜35度・エサとなる汚れがある、主にこの3点です。エアコンの内部では、暖かい空気を冷やすときに水分が発生するため、特に夏場は湿度が高くなりがちです。

また、私たちが快適に過ごすことのできるエアコンの設定温度は、カビが繁殖しやすい温度でもあります。そして、エアコンの内部は、カビのエサとなるホコリや汚れがたまりやすい場所です。空気が出入りするエアコンには、空中に舞っているホコリや調理中の油汚れなど、さまざまな汚れが蓄積されています。

エアコンのカビをそのまま放置すると?

エアコンに生えたカビを掃除せずに、そのまま使用しても大丈夫なのでしょうか?先にもお伝えしましたが、吹き出し口に見えるカビがすべてではありません。

吹き出し口にカビが発生しているということは、エアコンの内部にもカビが発生していると考えられます。その状態でエアコンを使用すると、エアコン内部に蓄積したカビやホコリが、風と一緒に出てくるおそれがあるのです。エアコンから出てくる風の中にカビがたくさん含まれている場合、アレルギー疾患を引き起こす原因にもなりかねません。

また、カビやホコリなどでエアコンが汚れていると、運転効率が悪くなり電気代がかさむ原因にもなります。最悪のケースでは、エアコンが故障することもあります。

エアコンに発生したカビを掃除する方法

吹き出し口など、目に見える部分は家庭でも掃除できます。中性洗剤と雑巾、ゴム手袋を用意しましょう。掃除の前には安全のために、エアコンのコンセントを抜いておきます。中性洗剤を水で薄めたものに雑巾を浸し、固く絞ってから吹き出し口のカビや汚れを拭いていきます。

きれいに汚れが落ちたら、水拭きして洗剤を完全に拭き取ってください。洗剤が少しでも残っていると、それが汚れとなってカビを再び発生させてしまう可能性がありますので、しっかり拭き取ることがポイントです。

フィルターに付着しているホコリなどの汚れは、掃除機で吸い取ります。掃除機では吸い取りきれないホコリは、使い古した歯ブラシで優しくこするか、フィルターごと水洗いします。

カビを発生させない予防策

徹底的に掃除をしても、カビの好む条件がそろっていれば、再びカビが生えてしまいます。そうならないためにも、以下のことを心がけましょう。

ひとつは、1か月に1回のペースでフィルターの掃除を行うことです。フィルターに付着しているホコリ汚れは、カビの栄養分となってカビの繁殖を促します。フィルターは取り外しが簡単にできるので、掃除機で吸い取ったり水洗いしたりして、ホコリを蓄積しないようにしてください。

もうひとつの予防策は、エアコンを使用した後に「送風運転」を行うことです。特に夏場の冷房は、水分が多く発生しますから、エアコン内部の湿度を下げるために送風運転が欠かせません。送風運転の時間は、30分〜1時間くらいが目安です。

素人には難しいエアコン内部はプロに任せよう

取り外しが簡単なフィルターやエアコンの吹き出し口は、家庭でも掃除が可能です。しかし、エアコンの内部にあるドレンパンやファンなどは、エアコンを分解してから作業する必要があり、素人にはとてもハードルが高いといえます。

また、ドレンパンやファンに発生したカビは、吹き出し口よりも深刻なため、単純に拭き取るのではなく高圧洗浄機などの専用機器が必要になります。自力でどうにかして解決しようとすると、取り返しのつかない事態に陥ってしまい、エアコンを故障させてしまうかもしれません。

そんなエアコン内部の掃除に便利に利用できるのが、プロのクリーニングです。エアコンの構造に熟知している専門業者に依頼することで、エアコンを故障させる心配もなく、徹底的に洗浄してもらうことができます。エアコン内部のカビが気になる人は、プロのクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング