エアコンのフィルターを掃除するメリットと掃除方法について!

エアコンは冷房・暖房・除湿と一年中使用できる便利な家電製品ですが、フィルターの掃除をしないと起こるデメリットは想像以上に多いものです。
しかしフィルターの掃除をたまにしかしないという人や、全く掃除をしないという人も少なくありません。また、掃除方法がよく分からないという場合もあるでしょう。そこで今回はエアコンのフィルターを掃除しないと起こり得るデメリットと掃除方法について説明します。

エアコンのフィルターに汚れが溜まる原因とは

エアコンのフィルターに汚れが溜まる原因については、まずエアコンの仕組みを理解する必要があります。エアコンは室内に風を送る際、室内の空気を本体に取り込んでから熱や冷たい風に変えて室内に排出しています。

実際の仕組み

実際の仕組みについては、まず本体の吸込み口から室内の空気を吸入します。吸入された空気はフィルターを通して熱交換器に送られ、さらにエアコン本体内にあるファンを使って吹出し口から室内に風が送られます。このように室内の空気をエアコン本体が吸入する際、フィルターを通すために汚れが溜まります。

汚れの原因は埃・塵・カビ

フィルターが汚れる原因となる室内の汚れには埃・塵・カビなどの他、調理時に出る油や外から侵入する粉塵など、さまざまなものがあります。エアコンのフィルターはこのような汚れが内部に侵入するのを防ぐために付いています。

エアコンのフィルターを掃除するメリットとは?

エアコンのフィルターを掃除するメリットは、まず電気代の節約になることです。エアコンは室内の空気を吸い込み、熱交換器で温度を調整して空気を排出します。
そのためフィルターが汚れて目詰まりしていると空気を吸い込む際に余計な電力を消費してしまい、その分電気代がかかってしまいます。環境省のデータによると、フィルターを2週間に1回掃除すると冷房時で約4%、暖房時では約6%の消費電力の節約になると言われています。

アレルギーの予防になる

また、アレルギーの予防になることもメリットの1つです。エアコンは冷房時、室内の温かい空気がエアコン内部で急激に冷やされると結露が発生します。フィルターに溜まった汚れと、この結露の水分が結合するとカビが発生し、エアコン稼働時にカビも一緒に室内に排出されてしまいます。
エアコンを付けると咳が出る場合はフィルターに溜まったカビが原因の可能性もありますが、フィルターを掃除することでこのようなカビや粉塵によるアレルギーを予防できます。

嫌なニオイの予防にも

さらに掃除をすることで空気が排出される時に出るイヤなニオイを防ぐメリットもあります。

エアコンのフィルターを掃除する際に準備するものは?

エアコンのフィルターは掃除する方法によって準備するものが異なります。まず市販のフィルタークリーナーを使って掃除する際に準備するものは、フィルターを外すための脚立、ドラッグストアなどで購入できるフィルタークリーナー、フィルターの汚れを取るための掃除機が必要です。

タオルや新聞紙も用意

また、フィルターを拭くタオルや下に敷く新聞紙などがあるといいでしょう。
掃除機とシャワーを使って掃除をする場合は、脚立、掃除機の他に、シャワーでフィルターを洗う際に使うブラシとキッチン用中性洗剤、拭き取り用のタオルと、下に敷く新聞紙です。

マスクも準備しましょう

ブラシは家にない場合、使い古しの歯ブラシなどでも代用できます。また、フィルターを外す時や掃除機をかける時に埃や塵が舞うので、マスクなどもあるといいでしょう。

フィルターの掃除方法1.フィルタークリーナーを使って掃除!

フィルタークリーナーを使って掃除する方法は、まず必要に応じて脚立を使い、フィルターを外す前に埃が舞うのを防ぐために本体を軽く水拭きします。さらにカバーを開いてフィルターを外しますが、この時も埃が舞うので軽く掃除機を使って埃などを吸い取っておきます。

フィルターを外して掃除

次にフィルターを外して、今度はしっかり掃除機を使って埃などを吸い取ります。この時フィルターは表側を吸い取ったあと、裏側を吸い取るようにしましょう。埃を吸い取ったら、下に新聞紙などを敷いてその上にフィルターの表側を上にして置きます。次にフィルタークリーナーを20cm位離してフィルター全体にスプレーします。
スプレーは泡状になって飛び散ることがあるので、気になる場合はベランダやお風呂場などでスプレーするといいでしょう。

完全に乾かすまでが掃除!

泡が消えたらシャワーでよく洗い流しますが、フィルターの汚れがひどい場合はスプレー後、少し時間をおいてから洗い流します。洗い終わったらタオルで拭いて新聞紙などの上に置き、日陰で乾かしたら終了です。

フィルターの掃除方法2.掃除機とシャワーを使って掃除!

掃除機とシャワーを使う場合は、まず必要に応じて脚立を使い、エアコン本体を軽く水拭きしたあと、カバーを開いてから掃除機を使って軽くフィルターの埃などを吸い取ります。
次にフィルターを外したら、今度は念入りに掃除機を使って表側、裏側の順で埃や塵などを吸い取ります。吸い取ったら、次にお風呂場で中性洗剤とブラシを使ってフィルターを洗います。この時あまり力を入れて洗うとフィルターの目地を痛めますので、あまり力を入れ過ぎないように注意しましょう。

ブラシで取りづらい場合は綿棒を

また、ブラシで取りづらい場合は綿棒などを使うと綺麗に取れます。フィルターが綺麗になったらタオルで水気を取り、新聞紙の上などに置いて日陰で乾かします。最後にフィルターが乾いたらエアコンに取り付ける向きに気を付けてフィルターを設置すれば完了です。

掃除をしても改善が見られない場合は業者に頼むのがおすすめ!

エアコンのフィルターが汚れると、無駄な電力を消費して電気代が高くなったり本来の能力が低下したりします。また、カビや粉塵に潜むダニがフィルターに付着することでアレルギーの原因になることもあります。

汚れが蓄積されると…

フィルターは定期的に掃除をするのが理想ですが、今までフィルターの掃除をあまりしたことがない場合やエアコン自体の年式が古い場合などは、エアコン内部のファンやフィンなどに汚れが蓄積されてしまい、フィルターの掃除だけでは改善されない場合があります。さらにこのようになると自分で掃除をするのは難しくなり、無理に掃除をしようとするとケガや故障の原因にもなりかねません。

オススメはエアコンクリーニング業者

そこで問題を解決するには専門のエアコンクリーニング業者に頼むのがおすすめです。プロの業者であればエアコンの奥までしっかり汚れを除去してくれます。
もしどうしてもフィルターの掃除をしても改善されない場合は、プロのエアコンクリーニング業者に頼むようにしましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング