エアコンのフィルター、どう掃除する?簡単な方法を教えて!

エアコンのフィルターは定期的に掃除をしないと嫌な臭いが発生するだけではなく、電気代が余分にかかったり、故障の原因にもなります。さらに、カビやホコリ等のハウスダストが室内に蔓延する事にもなり健康被害が出る可能性もあります。しかし、正しいフィルターの掃除方法が分からないという方も多いですよね。今回は、簡単なエアコンのフィルター掃除の仕方と購入出来るエアコンフィルターの種類を紹介します。

エアコンのフィルターが汚れる原因とは?

どれだけ室内を綺麗にしていても自然とエアコン内部やフィルターは汚れてしまいます。数日前に掃除をしたのにすぐにフィルターが汚れていたという経験をした事がある方も多いですよね。エアコンは吸込口から周辺の空気を吸って内部で冷風・温風に変化させ吹出口から風を排出しています。その際に、空気と一緒に室内に舞っていたホコリを吸い込む事で徐々に内部が汚れていきます。

また、ホコリ以外にでは、タバコの煙に含まれるヤニや調理中に出る油分を含んだ水蒸気もエアコンフィルターが汚れる原因となります。さらに、エアコン内部は湿度が高くなるといった特徴があり、吸い込んだホコリに水分とカビの胞子が付着する事でカビの繁殖しやすい環境となってしまいます。

フィルターの汚れを放置するとどうなるの?

エアコンのフィルター掃除を怠ると、エアコン稼働時に悪臭を放つようになります。悪臭の原因のほとんどはカビですが、カビの胞子が体内に入る事で病気になってしまう危険性があります。

また、エアコンフィルターの掃除をしないと「金銭的なデメリット」が発生する事も有名ですよね。フィルターにホコリや汚れが溜まる事でエアコンが本来の性能を発揮する事が出来なくなります。空気を吸い込む力が弱くなる事で風量にムラが発生したり、冷房・暖房の効率が悪くなったりと掃除を怠ってしまうと余分な電気代が発生してしまいます。

そのまま放置し続けるとエアコン本体の故障を引き起こす原因になる事から定期的なエアコンフィルターの掃除が推奨されています。

自宅にある掃除機でサッとホコリを取る!

最も簡単なエアコンフィルター掃除は「掃除機」を使用する方法です。エアコン内部に装着しているフィルターを取り外し、フィルターに付着したホコリを吸い取っていきます。その際には、フィルターの表面から掃除をする事で汚れを綺麗に取る事が出来ます。掃除機でホコリを吸い取るだけでも綺麗になりますが、タワシやブラシを使って見えない汚れを擦り落とすとより綺麗な状態に仕上げられます。

万が一、水洗いで落ちない頑固な汚れが付着していた場合には、中性洗剤を使用して磨くと楽に汚れを落とせます。濡れたフィルターをエアコンに装着すると故障の原因となるので、水洗いをした際には陰干し等を行いしっかりと水気を取る事が大切になります。

フィルタークリーナーを使用して綺麗にする!

ドラッグストアやスーパーといった様々な店舗で販売している「フィルタークリーナー」も簡単にフィルターを綺麗にする事が出来るんです。

エアコン本体からフィルターを外してスプレーを吹きかけるだけなので煩わしい手間がかからないといった魅力があります。スプレーには頑固な汚れを浮かせる成分も含まれているのでゴシゴシと擦る手間もないので女性の方でも簡単にフィルター掃除を完了させられます。

スプレーを水で洗い流した後は、フィルターの水分を乾かすだけとなります。スプレーを使用したフィルター掃除を行う場合は、スプレーの泡が周辺に飛び散る事も珍しくないので屋外やお風呂場といった汚れても大丈夫な場所で使用する事をオススメします。

エアコンフィルターの掃除を行う際の注意点と掃除する頻度

エアコンフィルターの掃除を行う際に最も注意しなければいけないのが上記でも説明している「フィルターの水分をしっかりと取り除く」事です。現在では数多くのメーカーから自動フィルター掃除機能が搭載されたエアコンが販売されています。

使用後に自動でフィルターの汚れを取ってくれる便利な機能ですが、「ダストボックス式エアコン」の場合は自動掃除で集めたゴミを自分で取り除く事を忘れないようにしてください。また、フィルターに頑固な汚れが付着しているからといって力任せにゴシゴシと擦るとフィルターの網目が広がり、そこから内部にホコリや汚れが入ってしまうので注意が必要です。

エアコンフィルターの掃除頻度は季節によって異なります。夏・冬といったエアコンの使用頻度が高い季節は最低でも月に1回、春・秋といったあまりエアコンを使用しない季節でも1シーズンに1回はフィルターを掃除する方が無難です。

便利なエアコンフィルターに買い替える事もアリ!

家電量販店や通販等、様々な場所でエアコンフィルターが販売されています。現在使用しているフィルターが古かったり汚れが酷い場合には新しいフィルターに買い換える事を検討してみてください。メーカーから同じフィルターを取り寄せたい場合は、電気店やメーカー問い合わせで品番を伝えるだけで簡単に購入する事が可能です。

しかし、フィルターに脱臭効果や防カビ効果が付属されている特殊なフィルターへの買い替えを検討している場合には、現在使用しているメーカーや品番に加えて、フィルターのサイズや形を事前に調べてメモを取っておくと良いでしょう。また、現在使用しているフィルターの上に貼るだけの簡易フィルターも数多く売られています。ホコリを吸着するだけではなく、汚れが気になった場合には剥がして捨てるだけといったフィルター掃除の手間を省ける便利さから高い人気となっています。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング