エアコンのせいで咳が止まらない?その原因と解決方法

エアコンを使い始めると咳が出る場合があります。咳は風邪だけでなく、エアコンの冷風やカビ・ホコリなどでも起こることをご存知ですか。咳が続くようなら、しっかりとした対処が必要です。また、エアコンにカビを発生させない予防法も知っているといいでしょう。これから、エアコンで咳が出る原因や対処法・予防法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

エアコンの冷気に反応する「咳喘息」とは?

エアコンを使い始めてから咳が出る場合、冷気に反応して咳が出る場合があります。「咳喘息」とも言われ、冷気が気道を刺激することが原因です。数週間から数ヶ月乾いた咳が続くと、咳喘息の可能性があります。明け方や夜間に咳き込むことが多く、ゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴はありません。

冷気だけでなく、天候や湿度の変化でも咳喘息は起こります。特にエアコンで部屋の湿度が低くなると、乾燥によって咳が出てしまうのです。

また、咳喘息になると、気道は敏感な状態になります。敏感かつ炎症を起こしている気道にカビやダニ・ホコリなどが入ってくると、それらが引き金になって症状は悪化しやすいです。咳喘息が悪化すると、気管支喘息に移行します。

エアコンのカビが原因になることもある!

エアコンにはカビが生えやすく、カビが原因の咳は「夏型過敏性肺炎」と言われます。これは、「トリコスポロン」「アスペルギルス」と呼ばれるカビを吸い込むことで起こる「肺や気管支のアレルギー反応」が原因です。

主な症状として、数週間以上続く乾いた咳や息切れ・発熱などがみられます。熱があるため夏風邪と間違えやすいですが、夏風邪の場合はどんどん症状がよくなるでしょう。2週間経過しても同じ症状が続き、乾いた咳が出るようなら夏型過敏性肺炎の可能性があるのです。

夏型過敏性肺炎をそのままにしておくと、気道や肺の炎症が慢性化してしまいます。気管支喘息や肺の硬化・呼吸不全になる場合もあるため、しっかりとした治療が必要です。

エアコンの冷気対策とは?

エアコンの冷気が気道を刺激する場合、冷気が当たりにくい環境を作ることが大切です。また、冷気に当たり過ぎると、血流障害になります。血流障害は体の免疫機能を下げるため、咳が出る状態になりやすいです。

暑さを感じる時は、人の体を冷やすのではなく、室温を下げるといいでしょう。外との寒暖差が激しいと体調不良になりやすいので、エアコンの温度はやや高めにするのが重要です。エアコンの風向き調整機能を利用し、風が当たりにくい設定にします。

さらに、扇風機やサーキュレーターを使うのも、一つの手段です。暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に溜まる性質があります。つまり、扇風機などを併用すると、部屋の温度を均一にできるのです。

エアコンにカビを発生させない対策とは?

エアコンにカビができにくくするためには、エアコンを停止した後に、約30分間の送風運転をしましょう。エアコンで冷房運転にしていると、内部に結露が発生します。

もし、エアコンを停止したままにしておくと、結露の水分が原因で、カビが発生してしまうのです。結露は細菌やホコリなどが入っていて、綺麗な水分ではありません。送風運転で内部を乾燥すれば、カビは増えにくくなります。

頻繁なエアコンのフィルター掃除も大切です。エアコンのフィルターにはホコリが溜まりやすいため、1週間に1回を目安に掃除します。ホコリを取る時は、エアコンを停止してから行いましょう。フィルターを外す際は、マスクや眼鏡を付けると、カビやホコリを吸いにくいです。

エアコンによる咳の治療方法とは?

エアコンによる咳を治すためには、冷気対策とカビ予防の掃除が大切です。それ以外にも、病院での治療が必要な場合もあります。咳をそのままにしておくと、気管支喘息や肺炎になる可能性が高まるため、早めの対処が重要です。

夏風邪の場合、抗生物質や風邪薬を飲めば治ります。しかし、咳喘息や夏型過敏性肺炎の場合、気道や肺の状態がよくならないと、咳は止まりません。まずは、呼吸器に詳しい医療機関で診察を受けるといいでしょう。

気管支拡張薬や経口ステロイド薬・吸入ステロイド薬などを使って、症状を改善させます。咳の状態がひどくない場合は、気管支拡張薬を使って空気の通り道を作ることが大切です。咳が持続的に続く場合は、ステロイド薬を使って炎症を抑えます。

エアコンの掃除方法とは?

エアコンは、フィルターだけでなく内部の掃除も大切です。エアコンのフィルターはホコリが侵入するのを防いでいるため、多くのホコリが付着しています。フィルターを外す前は、掃除機で大きなホコリを吸うといいでしょう。外した後は、中性洗剤や細いブラシを使って水洗いします。水洗い後はしっかりと乾かしてから、元に戻すことが必要です。濡れたままの状態で設置すると、カビが生えてしまいます。

拭き出し口の掃除をする時は、薄めた中性洗剤を染みこませたタオルを使い、汚れを拭き取るといいでしょう。割りばしに布を巻きつけると奥まで届きやすいです。洗剤が残らないように、最後に水拭きや乾拭きをします。

エアコン内部にある「冷却フィン」や「ファン」も掃除しましょう。冷却フィンはフィルター奥の金属で、ファンは送風口の奥にある筒です。まずは、ホコリを掃除機で吸い取ります。次に専用のムースやスプレーを吹きかけ、15分~30分ほど馴染ませるといいでしょう。中和防食作用を兼ねたリンスを使えば、泡を消しながら汚れを落とせます。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング