エアコンが花粉症対策になる?部屋の花粉を除去する方法

花粉症は、重症化すると鼻水や涙が止まらなくなってとてもつらいですよね。どうしたら花粉症の症状を和らげることができるかと考えている人もいるでしょう。実は、花粉症対策にはエアコンが効果的です。しかし、調べてみると逆にエアコンは花粉を室内に入れてしまうという記述を見かけることもあります。そこで、この記事ではエアコンが花粉症にもたらす効果と、室内で有効な花粉症対策について紹介します。

花粉症対策は室内ほど難しい

花粉症は、木や植物から放出される花粉を吸い込むことで発症するといわれています。体内にある免疫が花粉に過剰反応することで、鼻水や涙が出るというわけです。そのため、花粉症対策は外出時こそ大切だと考えている人もいるでしょう。マスクや眼鏡でしっかり花粉をガードすることは確かに大切ですが、実は家の中での花粉症対策も大切なのです。なぜなら、花粉は人の体や服に付着して室内に入って舞い上がることもあるからです。

たくさん花粉が飛んでいるシーズンでは、かなり多くの花粉を室内に持ち込んでしまいます。すると、室内でも花粉症の症状が強くでることがあります。そのため、花粉症の人は屋外だけでなく、室内での花粉症対策もとる必要があるのです。しかし、花粉は簡単に舞い上がってしまうので、ゴミやほこりのように掃除機で吸い込むなどの方法は有効ではありません。そこで、大切なのがエアコンを使った花粉症対策です。

エアコンは花粉症対策になるの?ならないの?

花粉症対策にエアコンが有効な理由は、フィルターを通した空気を部屋中に放出するからです。エアコンは室内にある空気を吸い込んだあとで、熱交換器によって温度調節をしたうえで再度室内に送り返しています。

そのときに、空気中に舞っている花粉やほこりといったアレルギー物質も同時に吸い込んでいます。吸い込んだ花粉やほこりは、熱交換器によって温度を調節する前にフィルターで除去され、きれいな空気のみが室内に放出される仕組みです。つまり、エアコンを稼働させることで空気清浄機のような効果が期待できるといえます。

しかし、エアコンを稼働させると花粉を室内に取り込んでしまうという記述を見かけることがあるのも事実です。なぜ、そうした記述を見かけるかというと、エアコンのなかには屋外の空気を取り込み、温度調節した後で室内に放出するタイプのものがあるからです。多くのエアコンは室内だけで空気を循環させる仕組みになっていますが、心配な人は一度家庭にあるエアコンをチェックしてみましょう。

フィルターを掃除しないと効果が減少するので注意

エアコンが花粉症対策になるのは、フィルターが機能しているためです。ただし、逆にいうとフィルターの機能が十分に発揮されないと、効果的な花粉症体策にならないケースも考えられます。

特に注意しておきたいのは、フィルターの目詰まりです。フィルターを掃除しないまま放置すると、花粉やほこりが張り付いたままの状態になってしまいます。すると、フィルターでは花粉やほこりを除去しきれず、再び室内に花粉やほこりを送り返してしまうケースもあるのです。そのような状態にならないようにするためには、フィルターを定期的に掃除することが大切です。

目安としては2週間に1度くらいのペースで掃除をするようにしましょう。また、エアコンのフィルターを掃除することで冷暖房効率が高まり、電気代の節約にも効果を発揮します。フィルター掃除は面倒くさいと感じる人もいるかもしれませんが、さまざまな面でメリットをもたらしますので、定期的に行いましょう。

フィルターの内側を掃除するとさらに効果的!

エアコンのフィルターを掃除することで、エアコン内にある花粉やほこりの大部分を除去することが可能です。しかし、フィルターよりも内側にある花粉やほこりについては除去しきれません。そのため、徹底的に花粉やほこりを取り除きたいという人のなかには、エアコン内部の掃除をしたいという人もいるでしょう。しかし、フィルターを取り外しての作業は故障の原因になることも多いので、素人は行わないほうが無難です。

どうしても、フィルターよりも内側の掃除をしたいという人は、エアコンクリーニングを行っている業者に依頼するとよいでしょう。業者に依頼すると費用はかかりますが、すみずみまできれいにしてくれます。エアコンクリーニングは新品なら購入から3年後、その次からは2年に1度くらいのペースで行うとよいでしょう。

空気清浄機を使用するとエアコンと同じような効果が期待できる

エアコンと同じような効果が期待できるものとして、空気清浄機が挙げられます。室内の空気を取り込み、フィルターで花粉やほこりを除去した後に室内へ送り返しているという点ではエアコンと同様です。

そのため、基本的には空気清浄機だけでも効果はありますが、エアコンと同時利用するとさらに効果が高まるケースもあります。空気清浄機をエアコンと対角線上の床に設置して同時に稼働させると、部屋の上下で空気の流れが発生します。すると、空気の流れが良くなって花粉やほこりを効率的に除去できるというわけです。

花粉が多く飛ぶ時期に換気をしてしまうと、外からの花粉が室内に侵入してきます。そのため、花粉症の人は花粉シーズンにあまり換気を行わないほうがいいですが、そのようなときこそエアコンと空気清浄機を併用して空気の入れ替えを行いましょう。

部屋干しと定期的な掃除も大切!

花粉症の人は、花粉シーズンに洗濯物を外で干さないほうがいいです。なぜなら、花粉は洗濯物にも付着してしまうので、取り込むときに室内へ侵入されてしまうからです。そのため、洗濯物は極力部屋干しにしましょう。

どうしても外で干したいという人は、比較的花粉の飛散量の少ない雨や気温の低い日を狙って干すとよいです。天気予報でも花粉の飛散量の予報を行っていますので、参考にしながら外で干すタイミングを考えましょう。また、室内に入る花粉をできるだけ少なくするために、洗濯物をしっかりとはらってから取り込むとよいです。

そのほかにも、花粉やほこりを除去するために定期的な清掃は欠かせません。清掃を行うことで、カーペットやソファなどに付着した花粉を取り除けます。なお、掃除機よりも雑巾の水拭きのほうが花粉は舞い上がりにくいということは覚えておきましょう。

舞い上がった花粉をきれいにしてくれるので、空気清浄機やエアコンを稼働しながら掃除をするのも効果的です。室内に入ってしまった花粉を除去するのはなかなか難しいですが、エアコンやその他の方法を併用すると除去しやすくなることもあるので、試してみましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング