エアコンが故障?止まる原因と対処法はこちら

エアコンの故障は非常に厄介です。本格的な夏や冬が始まってエアコンが故障してしまうと、日常生活もまともに送ることができません。特に年配の方や小さな子供の中には、熱中症により命を落とすケースも増えています。ここでは、エアコンが止まる原因と対処法を解説していきますので、エアコンが動かなくて困っているという人は一度目を通してみてください。

故障を疑う前にチェックすべきこと

エアコンが動かなくなったとき、故障したと判断する人がいますが、動かないからといって必ずしも故障しているというわけではありません。異変を感じたときにチェックすべきことをいくつか挙げてみますので、一緒に見ていきましょう。

まず、一番に行わなければならないのは、コンセントに電源コードがしっかり差さっているかの確認です。これが原因で動かなかったというのは意外と多いケースなので、しっかり確認してください。次に、リモコンの電池の残量やボタンの接触不良の確認です。ボタンの接触不良は誤作動を起こすこともあるので、故障を疑う前に確認が必要です。

そして、エアコン部分のブレーカーが落ちているという可能性もあります。ブレーカー自体に問題があるかもしれないので一度確認してみてください。

エアコン本体が原因で起こる動作不良

エアコンの本体を正常な状態に保てていないと、スイッチを入れても動かなかったり、動いてもすぐに停止したりします。スイッチを入れてもすぐ止まる場合には、エアコン内部の基板に支障が出ている可能性が考えられます。その場合は修理してもらいましょう。

また、ファンモーターが回っていないと正常に動作しません。自分で直すこともできますが、これも念のため専門家に依頼したほうがいいでしょう。

エアコンは自分でメンテナンスすることもありますが、それがきっかけとなって動作不良を起こすこともあります。メンテナンスの際は慎重に取り扱ってください。まず、エアコンのグリルがしっかり閉じているかを確認してみましょう。閉め忘れが原因で動かなかったというのも案外多く、閉めるだけで解決することもあります。

室外機が原因で起こる動作不良

エアコンは室外機にトラブルがあると正常に作動しません。まず、室外機の周辺が整然と保たれているか確認してみましょう。物が障害となっていると、室内に風を送り込むのが困難になったり、放熱ができなかったりして、動作不良を引き起こします。特に放熱ができないのは深刻な故障に繋がるので、障害物がある場合は速やかに片付けてください。

その他にも、極端に寒かったり、酷暑の日だったりすると、室外機が自動で運転を停止することがあります。その場合、放熱が落ち着くのを待つ、あるいは結露や霜が溶けるのを待ってあげなければなりません。

また、極端な温度設定をしていると部屋の中と外で温度差が開きすぎて室外機に負担をかけてしまいます。無理な温度設定はなるべく控えるようにしましょう。

コンセントをしばらく抜いてみる

エアコン本体内部にはマイコンと呼ばれる制御装置が組み込まれています。異常を察知したり、省エネのために過剰な運転を制御する役割を担っている装置ですが、マイコンが誤作動を起こしていると、スイッチを入れてもすぐに止まってしまうことがあります。

この制御装置は、コンセントを一度抜いて、しばらく時間を置いたのちに差し直すことで直ることもあるので、エアコンが動いたり止まったりしている時には、一度試してみてください。この方法で症状が改善されることもよくあります。

コンセントを抜いても症状が改選されない場合は、マイコンを修理しなければなりません。スイッチを入れてから数秒で運転が止まるようなら、マイコンに異常をきたしている可能性が高いといえます。

セルフメンテナンスが大事

簡単なセルフメンテナンスで直ることもあります。まずは、フィルターの掃除をしてみましょう。エアコンは高い位置に取り付けられているため、つい何日もメンテナンスを怠ってしまいますが、多少面倒だとしても、フィルターの掃除を定期的に行うだけで、エアコンの寿命は長持ちします。

定期的に目を向けていれば、わずかな異変もすぐにキャッチすることができ、大きなトラブルを未然に防ぐことにもつながります。真夏や真冬にさしかかった後にトラブルに見舞われるようなことがあると、その後の生活に大きな支障が出てしまうので、日頃から意識的にメンテナンスをするように心がけましょう。

定期的に点検をし、動作環境を最適に保っていれば、故障トラブルを防ぐだけでなく、毎月の電気代を節約させることにもつながります。

どうにもならないときは専門業者に連絡する

エアコントラブルは、自分で対処できることも多く、何かとお金をかけないようにしようとする人も多くいますが、あまり知識のない中で無理に対処しようとするのはおすすめできません。

エアコンの基板や室外機のコンプレッサーなどは、修理するとなると非常に高額な金額がかかってしまいます。自分で行うのはフィルター掃除ぐらいにとどめておいて、困ったときは専門業者に依頼するのが一番です。

また、繁忙期に入ってしまうとどこの業者もスケジュールが埋まってしまい、最悪の場合エアコンなしで真夏を越さないといけなくなるかもしれません。熱中症になって取り返しのつかないことになる前に早めに対処しておきましょう。

そして、そういうことにならないためにも、出来るだけ長持ちさせられる使い方を意識することが大切です。まずは無理な設定温度で使用しない、室外機の周りに障害物を置かないなど、自分でできる範囲のことから始めましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング