エアコンが冷えない場合の原因と対処法

夏場の暑い時期、欠かせないのがエアコンです。しかし、ボタンを押していくら待っても部屋が冷えない場合があります。エアコンも機械なので定期的なお手入れが必要です。掃除をすることで改善できる場合もあるので、エアコンの効きが悪くなったらまずは掃除をしてみましょう。
ここでは、エアコンが冷えない原因と掃除の仕方、その他の対処法についてご紹介します。

エアコンが冷えない主な原因

エアコンが冷えない場合、主に5つの原因が考えられます。エアコンにホコリが詰まっている場合、室外機に問題がある場合、冷媒ガスが漏れている場合、冷房能力と部屋の広さが合っていない、エアコン自体の故障です。

エアコンに埃が溜まっている

この中でも多いのが、エアコンにホコリが溜まっている場合です。この場合は正しい手順で掃除をすればエアコンの効きは回復します。室外機に問題がある場合、汚れや周りに物を置いているという単純な原因なので、これを改善すればエアコンの効きも良くなります。

冷媒ガス漏れ

冷媒ガス漏れは専門の業者に依頼する必要があります。冷房能力と部屋の広さは冷房を買い替える必要があり、故障も修理か買い替えが必要となります。
このように、エアコンが冷えない原因は様々なものが考えられます。簡単な方法で改善できることも多いので、まずはエアコンの中にホコリが詰まっていないか、室外機に問題が無いか確認してみましょう。

暖房の効き目があまりない主な原因

冬場は暖房を使う家庭も多いです。暫く経っても暖かくならない場合、エアコンが冷えない場合と全く同じ原因が挙げられます。

同じく埃が原因の可能性が

温風と冷風で全く違う役割を担っている暖房と冷房ですが、使用している機械は同じエアコンです。エアコンの効きが悪い場合、冷房と同じくまずはホコリが溜まっていないかを確認しましょう。次に室外機を確認し、汚れが付着していないか、周りに物が置いてないかをチェックします。

専門の業者に依頼も

冷媒ガス漏れ、冷房能力と部屋の広さが合っていない、エアコン自体の故障の場合は買い替えや専門の業者に依頼が必要となります。
買い替えが必要か、故障を直せば再び使えるかは、自分で判断することはできません。業者に依頼してしっかり確認してもらいましょう。

エアコンの不調を改善するためのフィルター掃除準備

 

エアコンの効きが悪い原因で多いのが、ホコリが詰まっている場合です。ホコリが詰まるのはエアコンのファンで、説明書通りにすれば簡単に取り外すことができます。まずは説明書を読み、取り外し方をチェックしましょう。

足場はしっかりと確保

エアコンが高い位置についている場合、足がしっかりとしている椅子を用意しましょう。滑らないように気を付けてください。
取り外した後はホコリを取り除く必要があるので、掃除機やブラシを用意しましょう。

埃が散らばらないように新聞紙を

室内で掃除をする場合、ファンを置いてホコリが床に散らばらないようにするための新聞紙などを敷いておきましょう。ホコリが大量にあると室内にホコリが散布されてしまうので、なるべく室外で作業するようにしましょう。

フィルターのお手入れ方法

最初にエアコンのプラグを抜き、電源を切ります。次にカバーを外し、フィルター周りのパネル部分に付着したホコリを掃除機で擦っておきます。

フィルターを外す時はゆっくりと丁寧に

ある程度ホコリを擦ったら、エアコンのフィルターを外します。フィルターを外す時はゆっくりと丁寧に外しましょう。左右の力を均等にするよう意識し、カチッと音がするまで上に持ち上げます。
すると、手を放してもフィルターが落ちなくなるので、この状態になったらゆっくりとフィルターを外しましょう。フィルターは薄いプラスチック製で割れやすいので取り扱いに注意が必要です。

最後に掃除機

フィルターを外したら敷いておいた新聞紙の上にフィルターを置き、外側から掃除機をかけます。ホコリを吸い取ったら、今度は取り外したときと逆の順番でフィルターを取り付けていきましょう。

ホコリが落ちない場合は水洗い

掃除機でホコリが取りきれない場合、フィルターの水洗いがおすすめです。
水洗いはお風呂場で行います。フィルターの裏側からシャワーを当ててホコリを流しましょう。外側からシャワーを当てると目詰まりしてしまい、逆にホコリが取れにくくなってしまうので注意が必要です。

嫌なニオイには中性洗剤で対応

中性洗剤を水で薄めて洗うと、エアコンの汚れを落としながら嫌な臭い対策もできます。中性洗剤はエアコンのフィルター専用のものがありますが、台所にある洗剤を使用しても大丈夫です。
また水洗いは、湿気が多い時期にはカビ対策にも効果的です。洗剤を使って洗う場合は柔らかいブラシを使い、フィルターを傷付けないように気を付けましょう。フィルターが乾いたら今度は逆の順番で取り付けて終了です。

改善できない場合はエアコンクリーニング業者に依頼

もしフィルターをしっかり洗っても改善されない場合、見えない部分にホコリや汚れが溜まっている可能性があります。この場合、素人では解体して洗うことはできないので、エアコンクリーニングの専門業者に依頼しましょう。
クリーニング専門業者なので、家庭ではできない分解洗浄で、エアコンを隅々までキレイにしてくれます。

エアコンクリーニングは故障の予防にも

定期的なクリーニングはエアコン故障の予防に効果的ですし、嫌な臭い対策に高い効果が期待できます。また、素人が掃除するとエアコンが故障する原因になる可能性もあるので、安全面から言ってもクリーニング業者に依頼するのはおすすめです。
エアコンの汚れはハウスダストの原因にもなります。クリーニング業者による分解洗浄は、家庭では落とせないエアコンの裏側までキレイにすることが可能で、ハウスダストの原因となるカビや菌もしっかり落とせます。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング