エアコンから垂れてくる水滴!何が原因?解決方法は?

猛暑日が続くと、ついついエアコンをつけたままにしてしまいますよね。ある日気づいたら、エアコンの下にいつのまにか水がポタポタと垂れていた、なんてことありませんか?
この記事では、垂れてくる水滴をなんとか改善したいと考えている方向けに、エアコンの水滴が垂れる原因やお家でできるお掃除方法、エアコンクリーニングサービスについて詳しくご紹介します。

エアコンから水滴が垂れてしまう原因

エアコンからポタポタと水滴が垂れる現象の原因として、主に二つのことが考えられます。

空気中の水分が液体に

一つは、エアコンの内部が極度に冷えて、空気中の水分が液体になることで水滴が垂れます。氷の入ったコップは時間が経つと、コップの周りに水滴がつきますよね。それと同じ仕組みです。温度が低くなったエアコン内部の空気が水滴に変わり、下にポタポタと垂れてしまうのです。

ドレンホースの詰まり

もう一つは「ドレンホース」が詰まっていることで起きます。ドレンホースとは、エアコンの室内機から外へ繋がっている直径およそ1.5cmの排水ホースのことです。エアコンの室内機と室外機をつなぐための穴が壁に空いているはずです。
その穴から配管をたどっていくと、途中で切れているホースがあります。それがドレンホースです。
このドレンホースが何らかの理由で詰まると、排出されるはずの水が逆流し、水滴となって垂れてしまうのです。

ドレンホースが詰まってしまう原因

それでは、ドレンホースが詰まってしまうのは何故でしょうか。ドレンホースは穴が空いた状態で外につながっているため、置いたままにしておくと様々な理由で詰まってしまいます。

埃や虫の死骸

例えば、ドレンホースの先が土や植木などで塞がれていたり、虫の死骸やホコリが溜まっていたりすると、ホースが詰まる原因になります。虫が巣を作っているというケースもあるようです。ホコリは、外から溜まる可能性もありますが、エアコン内部のホコリが水と一緒に排出されてホース内に溜まる可能性もあります。

ホースが歪んでいる

また、ホースが波打っていたり、ホースの先が上向きになっていると、下がっているところに汚れや水が溜まる原因にもなります。
このようにホースが詰まっていると、エアコン内部の水を排出できずに逆流してしまいます。

エアコンの掃除方法【温度調整・掃除機】

エアコン内部の空気が冷えて水滴が垂れている場合、温度を上げるだけで改善する可能性があります。まずは、温度を高くして見守ります。
それでも改善しない場合は、ドレンホースの掃除をしましょう。用意するものは、割り箸、ガーゼ、掃除機、ゴミ袋、ガムテープです。

掃除の手順

ここからは順序について説明していきます。まず、コンセントを抜き、溜まった水の逆流を防ぐため、ゴミ袋を室内のエアコンの送風口にガムテープを使って貼り付けます。次に、ガーゼを巻いた割り箸で外につながっているホースの先にある大きなゴミを取り出します。
次に、掃除機をホースの先端に押し当て、ドレンホース内のゴミを吸い込ませます。長く吸い込ませると掃除機が壊れる原因にもなるので注意しましょう。最後に、掃除機を離して、ドレンホースの先端を下に向け、溜まった水を出します。

エアコンの掃除方法【ドレンホースクリーナー】

ドレンホースをもっとしっかり掃除したい場合は、ドレンホース専用の詰まり取りポンプを使いましょう。ホームセンターやネットショッピングで1,000〜2,000円程度で購入することができます。

掃除の手順

それでは掃除の方法を紹介していきます。先ほどと同様、コンセントを抜き、溜まった水の逆流をしないよう送風口に袋を貼り付けます。次に、ドレンホースクリーナーの口をドレンホースの先端に当て、クリーナーのハンドルを引きます。間違ってもクリーナーがホースにつながっている時に、ハンドルを押さないようにしましょう。
室内のエアコンから大量の水やゴミが出ることになります。クリーナーのハンドルを水が出るまで何度も押し引きします。ドレンホースクリーナーは掃除機よりも確実に、また簡単にゴミを取り除くことができますし、掃除機を壊す心配もないのでおすすめです。

他にもこんなトラブルが…【エアコンが冷えない】

水滴が垂れてくるトラブルの他にも、エアコンをつけているのに全然冷えないというトラブルもありますよね。
こうしたトラブルもフィルターや室外機の設置場所を変えるだけで簡単に解決できる場合があります。エアコンのフィルターなどに汚れやホコリが溜まっていると、本来流せる冷たい風を外に流せず、空気が冷えないということがあります。

室外機の近くに植木や大きな家具が

また、室外機の近くに植木や大きな家具などが置いてあると、室内から送られてきた暖かい空気を外に逃がすことができず、吸い取った暖かい空気が室内へと逆流してしまうことがあります。
室外機の周囲に物がある場合は、すぐに取り除きましょう。フィルターの汚れや室外機の設置場所を工夫するなど、自分で対処できる場合も少なくありません。日頃から点検・お手入れをするとパフォーマンスを落とさずにエアコンを使い続けられるでしょう。

他にもこんなトラブルが…【ニオイが臭い】

せっかくお手入れをしても、エアコンから出てくるニオイがあまりにも臭くてエアコンをつけられない、というケースがあります。
この場合、エアコンの内部の汚れが原因である可能性が高いのですが、ニオイの原因となるカビ汚れはエアコンの最も奥に生える傾向があります。その部分を掃除するためには、パーツを分解したり、専用の洗浄液を使ったりする必要があるため、なかなか自分自身でお手入れするのは難しい場合が多いです。

エアコンクリーニングもおすすめ

そんな時に役に立つのがエアコンクリーニングです。クリーニングにかかる費用の相場は、エアコン一台につき一万円前後となっています。複数台割引や消臭抗菌コート、防カビコートの無料サービスがついてくることも多いようです。日頃の点検・お手入れと業者によるクリーニングを上手く組み合わせて、快適な夏を過ごしましょう。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング